• プロフィール

      海彦山彦

      Author:海彦山彦
      海彦山彦のブログ、
      「福岡発、海のこと・山のこと」に
      ようこそ。
      福岡県宗像市在住の
      海と山と映画が大好きな
      アートディレクターです。

    • 最新トラックバック

    • メールフォーム

      名前:
      メール:
      件名:
      本文:

    • 検索フォーム

    • QRコード

      QR

    まとめ
    2017/10/14(Sat)

    新・桃山展

    171013.jpg

    昨日、九州国立博物館へ今日から一般公開される「新・桃山」展の開会式へ行ってきました。
    従来の桃山展とは違った視点で桃山時代の洋の東西の逸品を紹介する内容は
    国宝から重要美術品まで貴重な作品で構成され見応え十分のものでした。

    展示会場だけでなく1Fエトランスには、秀吉の黄金の茶室も再現されており
    当時の贅を尽くした桃山文化を紹介しています。

    この展覧会は11月26日まで開催されています。
    スポンサーサイト
    Home | Category : 展覧会のこと |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
    2017/08/03(Thu)

    熊本へ

    1783.jpg

    先月末のことですが久留米市美術館コレクション展の開会式へ列席後、熊本へ移動。

    この夜は久々に熊本市内に宿泊して、近くの大衆居酒屋「ナナイロ」で飲みました。
    まあ、最初のビールのおいしかったこと。

    翌朝は熊本県立美術館の「ターナーからモネ」展の開会式に列席。
    久々に印象派の展覧会を堪能しました。
    美術館から見える熊本城は現在修復中で、天守閣には足場が組まれ痛々しい姿ですが
    確実に再建へ向けて歩んでいるようです。

    1泊2日の熊本へ旅でしたが、ちょっとした息抜きのプチ旅行となりました。
    Home | Category : 展覧会のこと |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
    2017/07/12(Wed)

    ラスコー展

    17712.jpg

    先日、九州国立博物館ではじまった「ラスコー展」の開会式&内覧会に列席してきました。

    世界遺産のラスコー洞窟を通して当時のクロマニョン人たちの暮らしぶりなどを紹介する特別展。

    展示会場はいつもより照明を落とし、洞窟の中を歩くイメージで構成されており
    デジタル機器や照明効果をうまく活かした演出に好感が持てました。

    また、最近増えて来た撮影可能な展示スペース(フラッシュ禁止)もあり
    クロマニョン人の家族と記念撮影もできたり、本物のマンモスの牙に触れたりと
    夏休みの子供向けの展示にもなっています。

    9月3日までの開催です。
    Home | Category : 展覧会のこと |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
    2017/07/09(Sun)

    展覧会をはしご

    1778.jpg

    昨日のことですが、朝から福岡市博物館ではじまった
    「黄金のファラオと大ピラミッド」展の開会式に出席し、
    その後の内覧会でエジプトの至宝を堪能してきました。
    やはり目玉は世界三大マスクのひとつ
    「アメンエムオペト王の黄金のマスク」でしょう。
    4500年以上前の技術と美しさには目をみはりますね。

    その後、親不孝通りの「アートスペース 屋根裏 獏」へ移動。
    大学の恩師の二人展を観覧。
    私の大学時代から一貫して変わらないスタイルの
    タイポグラフィの原点を知るような展覧会でした。

    梅雨の晴れ間の展覧会のはしごでしたが、
    久々に土曜日の午前中を街中で過ごした週末でした。
    Home | Category : 展覧会のこと |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
    2017/04/11(Tue)

    タイ 仏の国の輝き

    17411.jpg

    昨日、九州国立博物館で本日から開催される
    特別展「タイ 仏の国の輝き」の開会式へ列席して来ました。

    雨降る生憎の空模様でしたが多くの方が列席し、盛大に幕開け。
    内覧会ではタイの歴史とその地で芽生えた仏教美術の歩み、
    そして日本との関わりが紹介されています。

    仏像好きな私には、やはりお目当ては仏様。
    木造仏よりもやはり土地柄かきらびやかな金属や素朴な石像が多く
    オリエンタル文明やインドなどの様々な影響を受けた様子が良く判ります。

    実は3月末から今週の土曜日までの2週間にお招き頂いてる展覧会の開会式が
    福岡、熊本、大分に渡って7つ!

    まさに美術の春って感じです。
    Home | Category : 展覧会のこと |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0
    Home Home | Top Top