FC2ブログ
    • プロフィール

      海彦山彦

      Author:海彦山彦
      海彦山彦のブログ、
      「福岡発、海のこと・山のこと」に
      ようこそ。
      福岡県宗像市在住の
      海と山と映画が大好きな
      アートディレクターです。

    • 最新トラックバック

    • メールフォーム

      名前:
      メール:
      件名:
      本文:

    • 検索フォーム

    • QRコード

      QR

    まとめ
    2018/08/07(Tue)

    細川ガラシャ展&東峰村感謝祭

    1887.jpg
    先日のことですが、私の事務所が全てのデザインをお手伝いした細川ガラシャ展の開会式に
    熊本県立美術館に行ってきました。

    早朝から永青文庫理事長の細川護煕さんや熊本県知事などのお歴々や
    多くの刀剣ファンや歴女たちが詰め掛け、盛大な開会式、内覧会となりました。

    そのあと、秋の展覧会の打ち合わせを行い一路、東峰村へ移動。

    二ヶ月ぶりに訪れる真夏の東峰村で、ボランテイァと村民の皆さんが一緒になって
    この一年の労を労い交流する東峰村感謝祭に参加。

    七夕の準備や会場設営のあと、久々に会う仲間たちと楽しいひとときを過ごしました。

    もう二ヶ月以上休みがない私にとって、束の間の夏休みとなりました。
    スポンサーサイト
    Home | Category : 展覧会のこと |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
    2018/07/21(Sat)

    真夏の久留米へ

    18721.jpg
    連日の猛暑の中、今朝は朝焼けも美しく天気が不安定な一日になりそうな予感。

    昨日の強風でよどんでいた空も綺麗に澄み渡り、遠くの山々もよく見えます。

    でも、暑さは変わらずその中を朝から久留米市美術館で今日からはじまる
    「ブラティスラヴァ世界絵本原画展」の開会式&内覧会に行ってきました。

    スロバキアで開催される世界でもっとも権威のある絵本コンペの優秀作品とその原画、及び
    注目の国々絵本や日本の作家の作品などを一堂に見ることができる展覧会。

    子供向けの展覧会かと思いきや、完全に大人向けでハマってしまいした。
    時間が足りず、また観に行きたい展覧会でした。

    実は久留米市美術館には先週も別の展覧会の開会式でお邪魔したばかり。

    38度を記録した久留米で、世界の熱い絵本をご覧になるのはいかがでしょうか?

    詳しくはこちらをご覧ください。
    Home | Category : 展覧会のこと |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
    2018/06/13(Wed)

    至上の印象派展 ビュールレ・コレクション

    18613.jpg

    梅雨の晴れ間に、打ち合わせで九州国立博物館へ。

    打ち合わせ後、開会式に列席できなかった
    「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」展を観覧してきました。

    教科書でしか見たことがないドラクロワ、ドガ、マネ、ルノワール、ファン・ゴッホ、ゴーギャン、
    モネ、セザンヌ、マティス、ピカソ…の作品が次々に展示されていますが
    いずれも意外に小さく感じます。

    最近の展覧会の特徴で撮影可能なコーナーがあり
    今回はルノワールの《イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢(可愛いイレーヌ)》と
    クロード・モネの《睡蓮、緑の反映》が撮影可能でした。

    この展覧会は、スイス人のコレクター、ビュールレ氏のコレクションを紹介するもので
    多くの印象派ファンで賑わっていました。

    Home | Category : 展覧会のこと |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0
    2018/04/07(Sat)

    岸田劉生と椿貞雄展

    1847.jpg

    昨日、久留米市美術館で本日から開催される
    「岸田劉生と椿 貞雄」展の開会式に列席してきました。

    師弟関係であった岸田と椿の画業と交流、人生を追う内容ですが
    展示点数も多く、内容の濃い見所いっぱいの展覧会でした。

    この展覧会のデザインも私の事務所がお手伝いさせていただきましたが
    毎回、作家のことから勉強がはじまり今回も二人の作家の生き様を
    かなり学ばせていただきました。

    天気は生憎の雨模様でしたが、綺麗な花々に囲まれた久留米市美術館周辺は
    すっかり春の装いでした。

    この展覧会の情報は下記をご覧ください。

    久留米市美術館
    Home | Category : 展覧会のこと |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
    2018/02/17(Sat)

    没後50年 中村研一展

    18217.jpg

    本日、福岡県立美術館で開催されている
    「没後50年 中村研一展」とその関連イベントの講演会に行ってきました。

    中村研一は、弟の琢二と共に私が住む宗像市の郷土の作家で
    没後50年を記念して、50年ぶりに福岡県立美術館、宗像ユリックス、愛媛県新居浜市美術館との
    連携企画及び巡回展で三会場の全てのグラフィック&図録を私の事務所でデザインさせていただきました。

    戦前、戦中、戦後と日本の洋画壇を牽引し、特に戦時中は戦争画家として藤田嗣治たちと従軍もしています。

    そんな中村の画家としての生涯を追った展覧会は見応え十分です。

    この展覧会は明日18日のNHK日曜美術館でも放送されます。

    詳しくは福岡県立美術館HPをご覧ください。
    http://fukuoka-kenbi.jp/exhibition/2017/kenbi8428.html
    Home | Category : 展覧会のこと |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
    Home Home | Top Top