• プロフィール

      海彦山彦

      Author:海彦山彦
      海彦山彦のブログ、
      「福岡発、海のこと・山のこと」に
      ようこそ。
      福岡県宗像市在住の
      海と山と映画が大好きな
      アートディレクターです。

    • 最新トラックバック

    • メールフォーム

      名前:
      メール:
      件名:
      本文:

    • 検索フォーム

    • QRコード

      QR

    まとめ
    2018/06/06(Wed)

    東峰村手ぬぐい

    1866.jpg

    先日、東峰村のボランティア仲間から日頃のお礼にと「東峰村手ぬぐい」を頂いた。

    東峰村の小字、大字がデザインされたかわいい和風手ぬぐい。

    今回の水害が発生して昨日でちょうど11ヶ月。

    この11ヶ月の間に通い詰めた東峰村だけに地理にも明るくなり
    この手ぬぐいを見ると、お手伝いで入った現場のそれぞれが思い出されます。

    次回からはこの手ぬぐいを頭に巻いて、お手伝いに参加します。

    ちなみにこの手ぬぐいは、東峰村の荒れた山林を昔のような自然林に戻す活動を行っている
    「東峰村フラワーズ」という団体のオリジナル商品です。
    詳しくは、こちらへ。
    スポンサーサイト
    Home | Category : 災害ボランティア |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
    2018/04/24(Tue)

    標高580mに生きる

    18424.jpg

    先日、朝倉市黒川復興プロジェクトのお手伝いに参加してきましたが
    その日の現場は、東峰村との境に位置する標高500mの牟田集落のさらに一番上の民家でした。

    水害当日、集落のみなさん8名は全員無事でしたが、赤谷川や佐多川の氾濫で道路は寸断、
    小石原に抜ける林道も土砂崩れで通れず孤立し、地区の方全員が自衛隊のヘリで救助された場所です。

    水害後、この集落よりもう少し標高が低い場所にある集落は、今は完全に無人と化し、
    赤谷方面は通行止めが続き、買い物も通院もかなり遠回りを余儀なくされています。

    そんな集落の一番上の民家の背後の崩れた土手の養生に行ったわけですが
    ご高齢のご夫婦だけが住まう自宅の周囲は花が咲き乱れ、
    津江方面の山々も見える別天地のような場所でした。

    おばあちゃんと昼食後に、
    縁側で日向ぼっこしながらここでの暮らしを伺いましたが
    やはり不便だけど、ここが一番いいとのこと。

    今はもう梨の栽培も止めて、いくつかある耕作地で採れる野菜を中心とした
    自給自足の生活に満足のご様子でした。

    標高580m。
    きっと冬は厳しく、ここを訪れる人は地区の方か郵便屋さんぐらいの静かすぎる暮らし。
    聞こえて来るのは風の音と小鳥のさえずり、カエルの声ぐらい。
    でも、それがここでの暮らしの音なんだろうなと感じた1日でした。
    Home | Category : 災害ボランティア |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0
    2018/04/01(Sun)

    被災地にも春が来た

    1841.jpg


    2018年度末、最後のボランティアに先週に続いて
    JA朝倉農業ボランティアに参加してきました。

    現場は周囲の山が崩壊し土砂が流れ込んだスモモ畑。

    満開に近いスモモの花の下、
    3月末とは思えない暑い日差しの空の下、
    高校の2団体と一緒に土砂出しと土嚢作りに汗を流しました。

    早いもので被災地にもいつしか春が訪れまもなく9ヶ月が経とうとしていますが
    未だに手つかずの場所もあり、来年度も継続してどこかの現場で
    お手伝いをしていこうと思っています。
    Home | Category : 災害ボランティア |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
    2018/03/03(Sat)

    黒川へ

    1833.jpg

    今週末は東峰村の活動がお休みのため、
    朝倉市黒川復興プロジェクトのお手伝いに参加してきました。

    今日は、総勢21名が2班に分かれて梨園の土砂出しが主な作業です。
    黒川地区のかなり標高が高い地区の梨園で終日、作業をしましたが
    やはり梨園は棚が低く、腰に来る辛い作業でした。

    作業中にはウグイスの声も聞き、被災地にも次第に春が訪れているようですが
    あさってまる8ヶ月が立つのに目処が立たない場所もあるのが実情です。

    画像は、黒川復興プロジェクト事務所入口にある寄せ書きパネルです。
    Home | Category : 災害ボランティア |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
    2018/02/16(Fri)

    難しい判断

    18216.jpg

    この週末が仕事や山登り(予定)のため平日ですが東峰村元気プロジェクトに参加してきました。

    今日は平日の割には14名とまずまずのボランティアが集まり
    午前は田んぼの土砂出しと土嚢積み。
    午後は2班に分かれて田んぼと耕作地の土砂出しでした。

    午前の土嚢積みを私を中心に3人で担当しましたが、私たちは先々のことを考えて
    崩壊した崖からもう少し距離をとった場所に積むことを提案しましたが、
    依頼者の方は、なるべく多く稲を植えたいとのご希望があり、
    意向に沿ってなるべく田が広く使えるように土嚢を積みましたが
    このあたりが毎回ボランティアとしてもやもやが残ることと痛感しました。

    依頼者の希望にウエイトを置くか、現実的、物理的に考えた案にウエイトを置くか。
    この判断の難しさ。
    これが今日一番学んだことでした。

    まだまだ勉強です。
    Home | Category : 災害ボランティア |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
    Home Home | Top Top