FC2ブログ
    • プロフィール

      海彦山彦

      Author:海彦山彦
      海彦山彦のブログ、
      「福岡発、海のこと・山のこと」に
      ようこそ。
      福岡県宗像市在住の
      海と山と映画が大好きな
      アートディレクターです。

    • メールフォーム

      名前:
      メール:
      件名:
      本文:

    • 検索フォーム

    • QRコード

      QR

    2020/11/25(Wed)

    三連休のこと

    201125.jpg

    先日終わった三連休は、初日は熊本県人吉市での災害ボランティア活動に参加。

    11月からやっと九州限定で県外のボランティアを受け入れはじめた熊本県へ
    やっとお手伝いに行くことができました。

    豪雨災害から4ヶ月が経ち、一見街は落ち着きを取り戻したかのように見えますが
    まだまだ被災家財の搬出や分別など細かい作業がまさに山積しており
    被災された方々の平穏な日常はまだ先のように感じました。

    中日を挟んで、3日目は今月2回目の英彦山清掃登山に参加。

    今回は鬼杉周辺に埋められた昭和のゴミを回収しますが
    ゴミの量に参加者の数が追いつかず、継続作業となりました。

    今の時代では考えられない昭和のモラルが残した負の遺産を
    昭和世代のひとりとして、綺麗な自然の姿に戻して継承したいと思いました。
    スポンサーサイト



    Home | Category : 災害ボランティア |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
    2020/09/22(Tue)

    久々の土嚢積み

    20922.jpg

    4連休の2日目、朝倉市杷木での災害ボランティアのお手伝いに参加してきました。

    この現場は、4年前の豪雨災害で被災し、
    さらに復旧中にこの夏の大雨で2回目の被災をした場所で
    川の法面の崩落箇所に自治体による本格的な復旧工事がはじまるまでの間の
    応急的な養生作業をブルーシートと土嚢で行いました。

    気心が知れたボランティア仲間4人と
    久々の息の合った土嚢積みの作業でしたが
    達成感のある1日となりました。

    土嚢積みって意外と積む人の性格が出て、
    積み方にもその人なりのこだわりがあり、まさにチームワークが大切な作業だということを
    この4年間のボランティアの経験で身を持って学ぶことができた、なかなか奥が深い世界です。
    Home | Category : 災害ボランティア |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
    2020/08/10(Mon)

    久々の災害ボランティア活動でした

    20810.jpg

    今年7月の豪雨により氾濫した筑後川横の
    柿畑の土砂出しと漂着物の撤去のお手伝いとして
    JA朝倉農業ボランティアに参加してきました。

    三密対策として活動人員も15名と少なめですが、
    みなさん常連さんばかりで、炎天下の中でも
    水分補給をしながらテキパキ作業。
    予定より早く作業を完了できました。

    左/作業前  右/作業後

    この現場の上流の大分県天ヶ瀬温泉地区は
    さらにひどい被害が出ています。
    被災された方々に重ねてお見舞い申し上げます。
    Home | Category : 災害ボランティア |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
    2020/07/05(Sun)

    あれから3年

    2075.jpg

    3年前に発生した九州北部豪雨から今日7月5日で丸3年が経ちました。

    九州北部豪雨以来、災害ボランティアとしていくつかの被災地で
    様々なかたちでお手伝いをしてきましたが、
    被災地やボランティアに対しての気持ちが自分の中で大きく変わった3年間でもありました。

    朝倉、東峰村地区は今は一見、以前のような穏やかな風景に戻ったように見えますが
    見えないカタチで残る問題は山積しています。

    そして一昨日、また発生した熊本の水害のように、
    この3年間に毎年全国で同じような大規模水害が発生する中、
    それぞれの被災地の記憶を風化させないことは大切なことでもありますが
    やはり、年々増える水害その全てに心を寄せていくことは個人的には無理があると思います。

    でも、その中のどこかひとつの被災地でもいいから、
    忘れずに心を寄せ、微力でもいいからお手伝いを続けていこうと思います。

    そして、こんな考えを持つようになったことが
    3年前にはじめて災害ボランティアとして現地に立った時と
    大きく変わった点なのかもしれません。
    Home | Category : 災害ボランティア |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
    2020/02/17(Mon)

    日田彦山線の不通区間を歩いてつなげよう!

    20217.jpg

    「日田彦山線の不通区間を歩いてつなげよう!」というミニウォーキング大会に、
    東峰村のボランティア仲間からの誘いで参加してきました。

    3年前の豪雨災害で依然不通になっている日田彦山線の夜明〜岩屋間を
    線路沿いに歩き、以前のように地元の方々の暮らしに根ざした足としての
    不通区間の運転再開を願ったイベントです。

    3年間ボランティアとして通い続けた東峰村ですが
    沿線をこうして歩くのはじめてのこと。
    現在、不通区間の路線を廃止しバスでの代替案が検討されていますが
    東峰村の方々にとっては日田彦山線はやはりなくてはならないものだということが
    東峰村の方々と一緒に歩き、とても実感できました。

    天気はスタートからしばらくは雨も本降りでしたが
    途中から晴れ間も見える暖かな陽気となり、
    ボランティア仲間や東峰村の方々と初春の沿線沿いをのんびり歩くことができました。
    Home | Category : 災害ボランティア |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0
    Home Home | Top Top