FC2ブログ
    • プロフィール

      海彦山彦

      Author:海彦山彦
      海彦山彦のブログ、
      「福岡発、海のこと・山のこと」に
      ようこそ。
      福岡県宗像市在住の
      海と山と映画が大好きな
      アートディレクターです。

    • 最新トラックバック

    • メールフォーム

      名前:
      メール:
      件名:
      本文:

    • 検索フォーム

    • QRコード

      QR

    2019/11/28(Thu)

    晩秋の朝

    191128.jpg

    先日、数十年ぶりに福岡佐賀の県境の尾根、背振山系に縦走しに行った時に立ち寄った
    早朝のはろ展望台からの糸島方面の眺めです。

    晩秋の朝もやと夜明けの日差しのコントラストがとても優しく
    いい1日になりそうな予感がする光景でした。
    スポンサーサイト



    Home | Category : 山のこと |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0
    2019/11/21(Thu)

    今年の紅葉

    191121.jpg

    今年も紅葉の時期になかなかメジャーな山にいく機会がありませんでした。

    しかし、先日大分県中津市耶馬渓の樋桶山山系を縦走した時に尾根で今年の紅葉にやっと出会うことができました、
    山全体が燃えるような鮮やかな紅葉ではありませんでしたが、十分、目を楽しませてくれました。

    もうすぐ街中でも紅葉がはじまることでしょう。
    Home | Category : 山のこと |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0
    2019/11/01(Fri)

    11年ぶりの相島

    191101.jpg

    猫の島として脚光を浴びる新宮町の離島「相島」に11年ぶりに行ってきました。

    新造船の渡船に乗りうねりのある海を進むこと20分。

    渡船場周辺には洒落たお店や施設ができ、11年の歳月を感じます。

    島に渡った目的はこの島に新たにニューピークの存在情報が入り、
    山友のえんぴさんと二人での山登り。
    滞在時間5時間弱で、7つのピークに登ることができました。

    しかし、11年前ひとりで訪れたときには港の周辺でしか人に合わなかったのに
    今回はあちこちで観光客に出会い、この島の人気を感じた相島でした。
    Home | Category : 山のこと |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
    2019/06/21(Fri)

    藪漕ぎ用パンツの話

    19621.jpg

    このところ仕事漬けの毎日で、久しぶりのブログです。

    今日はいつも藪山に私が履いていくパンツを新調したのでそのお話です。

    藪山や藪漕ぎを強いられる山を歩くと、すぐに木々やいばらの棘などでパンツをはじめ
    身につけているものはボロボロになり、ブランド品の高機能を持った値段の貼るパンツなんかは
    もったいなくて履けません。

    そこで10年ほど前から愛用しているのが、ユニクロのスキニーパンツです。
    生地はそこそこ丈夫でストレッチ性もありなかなか快適です。
    そして価格も¥3000前後ととてもリーズナブルです。

    画像の左のパンツは7年履き潰したもの。
    家内が破れた場所を補修してくれた場所が多々ありますが、さすがに7年履き続けると生地自体が劣化して
    股の周辺はもうかなり薄くなり破れはじめたのでさすがに、右の新しいパンツを購入しました。

    7年愛用したパンツの最終日は、庭の掃除で活躍し引退となりました。

    ちなみに冬場の藪山用のアウターは、30年愛用しているゴアッテクス素材のレインウエアですが、
    とっくにゴアッテクス機能は死んでますが、もう数年は着続けようと思います。

    夏場の藪山用ジャケットは昨年、モンベルの薄手のものが10年で御用納めになりました。
    やはり夏場の方が、痛みも早く生地も薄いので劣化も早いようです。

    この夏からはユニクロの薄手のウインドブレーカーを試してみようと思います。
    これも¥3000以下のものなので5年も持てば十分だと思います。

    貧乏性なのか、遊びにあまりお金をかけない性格なのか、これが私のスタイルです。
    Home | Category : 山のこと |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
    2019/04/28(Sun)

    無残!

    19428.jpg

    画像は、私が住む宗像市と宮若市との境界の山の姿です。

    大規模な太陽光発電施設の建設工事のために無残な姿に変わり果ててつつあります。

    近年こうした自然エネルギー施設の建設のためんに宗像市内でも
    いくつもの山がこのような姿に変貌しています。

    これはきっと全国的な現象だと思われますが
    環境に優しいはずの自然エネルギー施設の建設のためにこうした人工林とはいえ
    山の斜面を開発してしまうことに疑問を持つ昨今です。
    Home | Category : 山のこと |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
    Home Home | Top Top