FC2ブログ
    • プロフィール

      海彦山彦

      Author:海彦山彦
      海彦山彦のブログ、
      「福岡発、海のこと・山のこと」に
      ようこそ。
      福岡県宗像市在住の
      海と山と映画が大好きな
      アートディレクターです。

    • 最新トラックバック

    • メールフォーム

      名前:
      メール:
      件名:
      本文:

    • 検索フォーム

    • QRコード

      QR

    2019/06/21(Fri)

    藪漕ぎ用パンツの話

    19621.jpg

    このところ仕事漬けの毎日で、久しぶりのブログです。

    今日はいつも藪山に私が履いていくパンツを新調したのでそのお話です。

    藪山や藪漕ぎを強いられる山を歩くと、すぐに木々やいばらの棘などでパンツをはじめ
    身につけているものはボロボロになり、ブランド品の高機能を持った値段の貼るパンツなんかは
    もったいなくて履けません。

    そこで10年ほど前から愛用しているのが、ユニクロのスキニーパンツです。
    生地はそこそこ丈夫でストレッチ性もありなかなか快適です。
    そして価格も¥3000前後ととてもリーズナブルです。

    画像の左のパンツは7年履き潰したもの。
    家内が破れた場所を補修してくれた場所が多々ありますが、さすがに7年履き続けると生地自体が劣化して
    股の周辺はもうかなり薄くなり破れはじめたのでさすがに、右の新しいパンツを購入しました。

    7年愛用したパンツの最終日は、庭の掃除で活躍し引退となりました。

    ちなみに冬場の藪山用のアウターは、30年愛用しているゴアッテクス素材のレインウエアですが、
    とっくにゴアッテクス機能は死んでますが、もう数年は着続けようと思います。

    夏場の藪山用ジャケットは昨年、モンベルの薄手のものが10年で御用納めになりました。
    やはり夏場の方が、痛みも早く生地も薄いので劣化も早いようです。

    この夏からはユニクロの薄手のウインドブレーカーを試してみようと思います。
    これも¥3000以下のものなので5年も持てば十分だと思います。

    貧乏性なのか、遊びにあまりお金をかけない性格なのか、これが私のスタイルです。
    スポンサーサイト



    Home | Category : 山のこと |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
    2019/04/28(Sun)

    無残!

    19428.jpg

    画像は、私が住む宗像市と宮若市との境界の山の姿です。

    大規模な太陽光発電施設の建設工事のために無残な姿に変わり果ててつつあります。

    近年こうした自然エネルギー施設の建設のためんに宗像市内でも
    いくつもの山がこのような姿に変貌しています。

    これはきっと全国的な現象だと思われますが
    環境に優しいはずの自然エネルギー施設の建設のためにこうした人工林とはいえ
    山の斜面を開発してしまうことに疑問を持つ昨今です。
    Home | Category : 山のこと |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
    2019/04/24(Wed)

    ハイブリッド読図のすすめ

    19424.jpg

    先日、YAMAPのフォロワー数名の方からのリクエストにお応えして
    読図の講習会初級編を行いました。

    私自身は、普段からソロでルートのない山に入ることが多く、
    独学&我流で読図を覚え、スマホも持つ5年ほど前までは紙の地図とコンパスのみの
    完全アナログの読図で行動していました。
    しかし、昨今のテクノロジーの急速な発達でGPS機能を持つアプリも増えて
    私自身、現在地の再確認や三角点の探索などに活用する頻度が多くなりました。


    ただ、やはり読図の基本はアナログだと思います。
    ですからこの講習会でも基本はアナログで読図してもらい、答え合わせをする感覚で
    デジタルを起動するスタイルで行動しました。

    参加者のほとんどの方がコンパスと紙の地図だけの行動ははじめてでしたが
    現在地の確定やこれから進む進路の地形の予測や進行方向の確定など
    最初こそおぼつかない様子でしたが、
    後半にはかなり自身を持って読図できるようになりました。

    こうしたアナログ7割、デジタル3割のハイブリッド型の読図を日々行っていれば
    自然と読図力も上達すると思います。

    みなさんもデジタルだけに頼らず、紙の地図とコンパスを持って山野で遊んでみてください。
    山との向き合い方が深くなりますよ。
    Home | Category : 山のこと |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
    2019/04/16(Tue)

    英彦山には、まだ春が残っていました

    19416.jpg

    先日、今年で2回目の参加となる英彦山清掃登山に参加してきました。

    今年はどこも春の訪れが早く、麓は早くも初夏の陽気になりつつある場所もありますが
    標高1199.5mの英彦山、中岳山頂は気温8℃。
    冷たい雨交じりの風も重なり体感温度は5℃ぐらいに感じます。

    清掃を終えて正面登山道を集めたゴミをかついで下山中、
    奉幣殿下の参道脇にはミツマタや山桜がまだまだ咲いており、
    春の余韻を味わうことができました。
    Home | Category : 山のこと |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
    2019/03/15(Fri)

    最近のニューピーク事情

    19315.jpg

    私がピークハンターとして山と向き合うようになってかれこれ15年以上が経ちました。

    この間、独自に地形図に記載されていない山は、
    郷土史家や点の記、地元での聞き込みなどを通して可能な限り掘り起こしてきましたが、
    それにもやはり限界があり、登ってみてみたものの山名がわからなかった山がどれだけ多かったことか。

    しかし一昨年からはじめた登山コミュニティーサイトYAMAPのお陰で
    昨年あたりから次々にそれらの山の名前が判明するという嬉しい状態が続いています。

    もちろんピークハンターとしての嗅覚で「この山は絶対怪しい」というものは
    記憶や記録に留めているので忘れることはありません。

    ですからこの数ヶ月だけでも20以上の山がよみがりニューピークリストに記載されました。

    これも SNSやネットの恩恵なのでしょうね。( ´ ▽ ` )ノ

    画像は、2017年11月に登り、本日、山名が判明した宮若市の丹鳳山です。
    Home | Category : 山のこと |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
    Home Home | Top Top