• プロフィール

      海彦山彦

      Author:海彦山彦
      海彦山彦のブログ、
      「福岡発、海のこと・山のこと」に
      ようこそ。
      福岡県宗像市在住の
      海と山と映画が大好きな
      アートディレクターです。

    • 最新トラックバック

    • メールフォーム

      名前:
      メール:
      件名:
      本文:

    • 検索フォーム

    • QRコード

      QR

    まとめ
    2017/04/25(Tue)

    20数年ぶりの山

    17425.jpg

    快晴の23日に20数年ぶりに福岡県と大分県の県境の稜線をはじめて大分側から歩いてきました。
    御前岳〜釈迦岳〜普賢岳は20数年前に小学校低学年の子供達と見事な紅葉の時季に歩きましたが
    この時の写真は私がフイルムを入れ忘れ、それぞれの記憶にしかない苦い思い出の山でもあります。

    今回、はじめて大分県側から歩きましたがやはり期待した以上の展望を楽しめ
    傾山や祖母山以北の主要な山は見ることができました。
    また稜線ですれ違った数組の中にはYAMAPをされている方も
    いたことが帰宅後に判り少しうれしい出会いの山にもなりました。

    イマイチの体調でしたが、久々にゆっくり山を歩いた1日でした。

    もちろんその前にちゃんとニューピークは1座登ってから縦走しています。

    レポはアップしましたのでお時間あればご覧下さい。

    画像は普賢岳からのパノラマ画像です。
    スポンサーサイト
    Home | Category : 山のこと |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
    2017/04/02(Sun)

    4月1日の山

    1742.jpg

    昨日、大分県日田市と中津市のニューピーク4座に登ってきました。

    昨日の最高気温は16度の予報でしたが最初に登った山は900m以上あり
    山頂は冷たい風も吹き、体感温度は0度近いもの。

    鹿にしか遭わない1日でしたが、急斜面の山が多く4座で早々に帰宅しました。

    画像は日田市と中津市の境界の山、所小野山です。
    このあたりはとても山が深いエリアです。

    レポはアップしました。
    Home | Category : 山のこと |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
    2017/03/29(Wed)

    八女地方の山、終了!!

    17329.jpg

    26日に八女地方のニューピーク11座を登り終え
    八女地方の情報を得ていた山、114座を登り終えました。

    山の宝庫、八女地方にはまだまだきっと眠っている山があることでしょう。
    また情報が入れば登りに行きたいと思いますが
    今回、三週に渡って八女地方に通いましたがその広さに感心しました。
    と同時に五年前の北部九州豪雨の爪痕が未だ残っている山や林道が
    多数あることも判りました。

    画像は杠葉山の自然林です。
    ここは気持ちのいい場所でした。
    Home | Category : 山のこと |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0
    2017/03/21(Tue)

    期待はずれの山もある

    17321.jpg

    いろんな山に登ってきましたが、
    やはり期待以上のいい山もあれば、期待を大きく裏切る山もあるわけで。

    先日、登った大分と福岡との県境エリアの山にはまさに期待を裏切られました。

    麓から見る限りは自然林の尾根歩きが楽しめそうに見えるのですが
    それはほんのわずかでルートの大半が薮と倒木、そして人工林。

    それだけに人は歩いておらず大半は放置されたルート。

    その中をガサゴソガサゴソ、倒木を越えたりくぐったり、
    薮をかきわけ手足は傷だらけ。

    「まあ、こんな山もある。」
    「何事も経験だ」と、自分を言い聞かせ
    次の山に期待を託してまた新たな山に向かう最近の私です。
    Home | Category : 山のこと |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
    2017/03/12(Sun)

    11日の山

    17312.jpg

    昨日、5年前の北部九州豪雨以降中断していた、八女市東部の山々を登って来ました。

    今も豪雨の影響は林道等に残っていますが、
    登ったニューピーク6座のうち登山道がある3座の登山道には問題はありませんでした。
    ウグイスが鳴き、残雪が残る山々でしたが確実に春の香りがしました。

    画像は熊野堂城址中腹から見た大分県境方面の明け方の様子です。

    東北の震災から6年目の日でしたが、
    最後の山の中腹で発生時刻に黙祷を捧げることができました。
    あらためて震災で亡くなった方のご冥福をお祈りするとともに
    被災された方、避難所暮らしが続く方にお見舞い申し上げます。
    Home | Category : 山のこと |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
    Home Home | Top Top