• プロフィール

      海彦山彦

      Author:海彦山彦
      海彦山彦のブログ、
      「福岡発、海のこと・山のこと」に
      ようこそ。
      福岡県宗像市在住の
      海と山と映画が大好きな
      アートディレクターです。

    • 最新トラックバック

    • メールフォーム

      名前:
      メール:
      件名:
      本文:

    • 検索フォーム

    • QRコード

      QR

    まとめ
    2017/06/17(Sat)

    ハードな東京出張でした

    176171.jpg

    今週半ばに一泊二日で東京出張へ。

    ついでに高尾山系を縦走して、
    東京都内最低山と東京23区最高峰にも登ってきました。

    画像は高尾山から見たいつか登りたい丹沢山系です。

    176172.jpg

    出張の本来の目的は東京出光美術館で先週からはじまった
    「水墨の風」という展覧会の図録を
    私がデザインさせて頂いたのでその展覧会を見に行くこと。

    だから山はそのついでなのですが。。。。

    東京の山、初デビューでしたが、
    山行よりも都内の移動に疲れた2日間でした。
    2日で歩いた距離、28km、うち登山中の距離は11kmもありません。

    慣れない都内の乗り換えや人の多さにヘトヘトの2日間でした。

    山行記録はアップしています。
    スポンサーサイト
    Home | Category : 山のこと |  コメントアイコン Comment6  |  Trackback0
    2017/06/10(Sat)

    海のち山

    17610.jpg

    梅雨の晴れ間の土曜日。
    今日は仕事もなく、山に行くか久々に海に行くか迷い、結局明け方から海へ。
    ホームビーチはまったく釣りにならず、マゴチ狙いで別の場所へ移動するもアタリ1回と
    ルアーより小さな舌平目の子供がすれでかかり終了。

    帰宅後、釣り道具を片付けて山仲間のモースさんのブログをチェックすると
    最近、宮若市の城址の山々を縦走した記事があり、近場なのでさっそく登ってきました。
    が、さすがに梅雨の山、汗だくになりました。

    思いがけず海と山を楽しめて、満足のいく1日となりました。

    山行記録、アップしています。
    Home | Category : 山のこと |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
    2017/06/04(Sun)

    テントの虫干し



    梅雨入り前の好天が続く週末ですが、今日は山はお休みして
    朝、自転車で40kmほど走ったあとは
    予てからの宿題のテント類の虫干しをすることにしました。

    子供が小学生の頃から中学の頃は毎年使用していた家族用のAraiのテントに
    ソロ用のmont-bellのテントとツェルト、そして大型のタープ。

    災害に備えてついでに家族用のキャンプ調理道具もチェック。

    10年以上物置に入っていた割には状態はまずまず。

    あ〜どこかの山で静かにテン泊したくなりました。
    Home | Category : 山のこと |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
    2017/05/31(Wed)

    海図で見つけた山

    17531.jpg

    山の話題が続きますが昨日、福岡市西区の松尾山とという超低山に登ってきました。

    この山を知ったのは、海上保安庁平成四年発行の「福岡湾」の海図です。
    博多湾ではなく「福岡湾」というあたりが海図らしい。

    私は、埋もれた山の情報は、古地図や郷土史で見つけるのが常ですが
    海図で見つけたのははじめてです。

    175312.jpg

    同じ海図で志賀島の潮見展望台があるピークに「弥五郎山」とい名があることも判明。

    山のことを海のことから知るという、なんともおもしろい経験。

    これからは海図からも目が離せません。
    Home | Category : 山のこと |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0
    2017/05/28(Sun)

    憧れの山、独り占め

    17528.jpg

    18年も前から憧れていた宮崎県の大崩山系の山を遂に周回縦走して来ました。

    何故18年も憧れていたのか、さっさと登りに行かなかったのか?

    それは私にとってあまりに難易度が高く感じもっと山での経験を積んでからと考えていたこと。
    そして片道5時間以上のアクセスの単独日帰り登山に家族が渋っていたからです。

    しかし東九州道の完成で、アクセスも少しよくなり
    経験もそれなりに積んだと思い決行して来ました。

    詳しくはHPに書いていますが、予定のピークに対して3座が宿題となりましたが
    この日、登山口と山中でそれぞれひと組の登山者にしか合わず
    ほとんどひとり占め状態で(逆に山深いだけにはじめて山でちょっと怖くなりました)
    とても満足の行く憧れの山への山行になりました。
    また、兜巾岳が通算2300座目の山となりました。

    大崩山以外登ったことのない山域はとても新鮮で
    屋久島、四国の石鎚山に並ぶほど新鮮な山行でした。

    これからも時々このエリアには通い続けたいと思います。

    HP、更新しました。

    画像は五葉岳山頂からのパノラマ画像です。
    Home | Category : 山のこと |  コメントアイコン Comment14  |  Trackback0
    Home Home | Top Top