• プロフィール

      海彦山彦

      Author:海彦山彦
      海彦山彦のブログ、
      「福岡発、海のこと・山のこと」に
      ようこそ。
      福岡県宗像市在住の
      海と山と映画が大好きな
      アートディレクターです。

    • 最新トラックバック

    • メールフォーム

      名前:
      メール:
      件名:
      本文:

    • 検索フォーム

    • QRコード

      QR

    まとめ
    2017/04/03(Mon)

    東龍軒のちゃんぽん

    1743.jpg

    前回、食べた北九州の東龍軒のラーメンはとてもおいしかったのですが
    山友のyummyさんから、「東龍軒はちゃんぽん!」という情報を頂き、
    先日、北九州へ仕事に行った際に早速、食べて来ました。

    黒い大きめのオリジナルの器に入って来たちゃんぽん。
    「おいしい!」これが第一声です。
    確かに周囲を見回すと7:3の割り合いで
    ラーメンよりもちゃんぽんをみなさん注文しています。

    昔食べた戸畑のちゃんぽん専門店は甘い印象がありましたが
    東龍軒は王道的味に若干、北九州の甘さがプラスされたなかなかのもの。
    またリピートしたい、おいしいちゃんぽんでした。


    スポンサーサイト
    Home | Category : おいしいもの |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0
    2016/11/28(Mon)

    パエリアパーティー

    161128.jpg

    先日、篠栗町在住の現代アートの作家さんからパエリアパーティーの
    お誘いを受け、家内と行ってきました。

    スペインに作家として長期滞在した経験があるだけに
    彼が大鍋と薪で作るパエリアは絶品!!

    他にも画家や大学元教授、ギャラリーのディレクターなど
    10人のあったかなパーティーとなり
    持ち寄った一品料理とお酒で美術談義に花が咲く
    楽しくおいしいひとときでした。

    Hさん、また次回もお招きくださいね。
    楽しみにしています。
    Home | Category : おいしいもの |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
    2016/11/14(Mon)

    めんちゃんこ亭

    161114.jpg

    11月も半ば。
    九州場所がはじまると福岡市は
    博多湾からの冷たい北西の風が吹く寒い季節に突入です。

    例年この時期になると食べたくなるのが「めんちゃんこ亭」のめんちゃんこ。
    名前の通り、ちゃんこ鍋に麺が入ったとてもシンプルなものですが
    これがこの時期、冷えた体を温めてくれます。

    めんちゃんこ亭の文字やイラストを描いているのは
    もう30年以上の知り合いの博多を代表する筆師の金太夫さん。
    彼が描くほのぼのタッチのイラストと筆文字もあいまって
    とても好きなお店のひとつです。

    最近は、味噌味や豚骨味などいろんなテイストにも挑戦しているめんちゃんこ。

    冬の博多を訪れた際には、是非一度ご賞味ください。

    Home | Category : おいしいもの |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0
    2016/11/01(Tue)

    アッカ プント エッフェ

    161101.jpg

    早いものでもう11月。
    今年も残すところあとふた月となりました。

    先日、糸島市の浮岳の中腹にある
    「アッカ プント エッフェ」という
    おまじないのような店名のイタリア料理の店に家内と行って来ました。

    シェフ自ら切り開いた山間にたたずむそのお店は
    シェフとその奥様二人で切り盛りしており
    自家製の野菜やハーブ、そして裏山で飼育している
    鶏やヤギ、アヒルなどの卵や乳製品を使った料理の数々は
    本当においしい素材にこだわったものばかりでした。

    で、なんでこのお店を訪れたかというと
    シェフの姉が私たち夫婦と大学以来の友人で
    シェフが17年前に福岡市内に最初にお店を出した時に
    お知らせを頂いていましたが彼女はその年に病気で他界。
    私たちはしばらく行くチャンスがなく、
    今の地にお店が2年前に移転したことを最近知り
    今回やっと訪れる機会ができたという経緯があります。

    食事を堪能し、幸せなひとときを過ごした私たちは、
    最後の精算時にそれとなくその事をお話しすると
    シェフも奥様もとても涙ぐむほど喜んでくださり
    私たちも来て良かったとつくずくほっとしました。

    「アッカ プント エッフェ」。
    お店の名前の意味は聞きそびれたので次回、伺うことにしますが
    お二人の人柄と食材に対するこだわりが伝わるあたたかなお店です。
    宿泊施設もありワインを飲み過ぎた方も安心。

    車がないと行けない場所ですが超お薦めのイタリア料理のお店です。

    詳しくはhttp://www.akka-punto-effe.comで検索してください。

    Home | Category : おいしいもの |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
    2016/07/17(Sun)

    そしてまた昨日のこと

    16717.jpg

    世の中は、三連休初日。
    その初日の昨日は早朝から「ランス美術館展」の
    開会式へ列席するため家内と熊本県立美術館へ。

    連休限定の高速割引の効果か、
    いつもの土曜日にしてはかなり混む高速を走り、
    途中渋滞のため菊水ICから一般道の迂回路を抜けて美術館へ。

    地震後、はじめて訪れる家内は、
    熊本城内にある美術館から見る熊本城の被災した様子や
    崩壊した石垣を目にして言葉もない様子。

    気を取り直してくまもんも参加している開会式に列席。
    フランス・シャンパーニュ地方の中世の文化が色濃く残る町ランスは
    熊本市出身の世界的な洋画家レオナール・フジタが眠る場所でもあり
    ランス美術館の名品とフジタの作品群で構成された展示内容は見応えがありました。

    その後、昼食は熊本市南区川尻のうなぎの銘店「七代目若松屋」へ。

    この店は20年ぶり3回目の来店ですが、店舗自体が大きく様変わりし
    今では別館まである繁盛店になっていました。

    30分待って食した20年ぶりのうなぎの味は、
    店舗は変わっても昔のままのおいしさでした。

    このあと、久留米市の石𣘺美術館へ移動。
    先日、時間の都合で見ることができなかった「石橋美術館物語」展を堪能。

    ピカソ、ルノワール、佐伯祐三、黒田清輝、青木繁、坂本繁二郎、古賀春江など
    豪華な顔ぶれの名品にお腹いっぱいの展覧会。
    この展覧会のポスターから図録まで制作させて頂きましたが、
    やはりじかに並んだ名品を見ると石橋正二郎と美術館のコレクションぶりは圧巻でした。

    仕事を兼ねた熊本、久留米の旅でしたが大した雨にも遭わずいい一日となりました。
    Home | Category : おいしいもの |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0
    Home Home | Top Top