• プロフィール

      海彦山彦

      Author:海彦山彦
      海彦山彦のブログ、
      「福岡発、海のこと・山のこと」に
      ようこそ。
      福岡県宗像市在住の
      海と山と映画が大好きな
      アートディレクターです。

    • 最新トラックバック

    • メールフォーム

      名前:
      メール:
      件名:
      本文:

    • 検索フォーム

    • QRコード

      QR

    まとめ
    2014/09/28(Sun)

    古墳と史跡の山へ

    14928.jpg
    昨日は、午後遅くから天神での会合に出席するまで時間ができました。
    そこで、佐賀の古墳の山と、国境石が立つ県境の山を訪れました。
    さらに時間があまったので霊仙寺跡を散策し、
    温泉で汗を流して会合に向かいました。

    山自体の行動時間は非常に短い簡単登山の山ばかりでしたが、
    古代と江戸時代の人々の歴史に触れた1日でした。

    画像は札木山の国境石です。
    スポンサーサイト
    Home | Category : 山のこと |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0
    2014/09/21(Sun)

    久々に山に登って感じたこと

    14921.jpg

    18日に半年ぶりにピークハントに出かけて感じたことがひとつ。

    それは地元の方から忘れられた里山と、
    地元の方の手で整備され愛される里山の格差が大きいこと。

    忘れられた里山の大半は人工林の山で、持ち主や山仕事の方、
    またはマニアックな登山者しか入山しないので荒れ放題のルートと山頂。

    一方、地元の方の手でコツコツと整備され愛される里山は、
    一般の方も多く訪れ明確なルートと明るい山頂です。

    今までかなりの数の山に登って来ましたが
    あまりこのことは意識していませんでした。
    ただ、今回、山から離れる時間が長かっただけにこのことに気づきました。

    元々はどの山も自然林の山であったのが、いつからか人工林の山となり
    山に表情がなくなり、人々の関心と親しみが薄れ、管理者のみしか入山しなくなる。
    そして一般の人からも地元の人からも忘れ去られていく。
    この現象がきっと全国でも広がっていることでしょう。

    地元の有志の手で昔のように愛される山として、
    復活する里山もあるにはあるのですが、それはごくわずか。

    山が好きで山登りをする者として、
    少しでもみんなに愛される山がこれ以上減ることのないよう
    今は祈ることしかできませんが、
    久々に山に入りこんなことを感じられたのも
    山を客観的に感じることができたからかもしれません。

    画像はいずれも安心院にある樺木山(左)と烏帽子山の山頂です。
    Home | Category : 山のこと |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0
    2014/09/20(Sat)

    久々の山で出会ったもの

    14920.jpg

    おととい、半年ぶりにまともに終日休みとなり、山登りに行って来ました。
    天気は生憎でしたが、最初の山の山頂でガスの中に咲く、
    満開のミヤマキリシマに出会うことができました。
    今年は一度もミヤマキリシマのシーズンに出会うことなく秋になってしまったので
    うれしい出会いとなりました。
    レポは近日中にHPにアップしますので、お楽しみに。
    Home | Category : 山のこと |  コメントアイコン Comment10  |  Trackback0
    2014/09/15(Mon)

    昨日の空

    14915.jpg

    昨日の夕暮れ、遊びに来た孫とちょっと散歩した時に見た空です。
    Home | Category : その他もろもろ |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0
    2014/09/12(Fri)

    曼珠沙華

    14912.jpg

    昨日は、きれいに晴れ渡った青空が広がり
    仕事を早めに切り上げて、近所を10kmほどウォーキング。

    赤い曼珠沙華は、まだまだ蕾のものが大半でしたが、
    白い曼珠沙華が川の横の遊歩道に、西日を浴びながら満開に咲いていました。
    Home | Category : その他もろもろ |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
    2014/09/11(Thu)

    久留米のち湯布院

    14911.jpg

    昨日は朝から家内と久留米の石𣘺美術館へ。
    私の事務所が手がけた「アートで対決」展の二期を鑑賞し、美術館の周囲を散策。
    午後からは久々に休みとなったので
    天気は薄曇りですが湯布院へドライブすることにしました。

    まずは大好きな一味ラーメン本店に寄り、昼食。
    ここは農村地帯の奥まったところにありますが
    お昼前なのに店内はすでに多くのお客さんで賑わっています。
    昨日のラーメンはスープがちょっと濃く感じましたが、バリ固で替え玉して完食。

    その後、高速を使って一路、湯布院へ。
    今日はジムニーではなくBMWなので、高速もストレスなく快適に走れます。

    平日なのに多くの観光客(大半が外国人ですが)で賑わう雑踏を避けて
    私たち夫婦のお気に入りの玉の湯別荘のカフェでまったりした時を過ごしました。
    ここに宿泊するのが夢ですが、最低一泊ひとり¥40000近くし、
    カフェでまったりするのが、身分相応のようです。

    周辺を散策後、塚原高原、中津経由で帰路につきました。

    わずか2時間足らずの湯布院でしたが、
    年々、俗化する湯布院には危惧するものを感じつつも
    秋の気配を少し感じたドライブでした。
    Home | Category : その他もろもろ |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0
    2014/09/09(Tue)

    中秋の名月

    1499.jpg

    昨夜は、中秋の名月でした。
    日曜の午後から久々のすっきりした青空が広がり、きれいな満月が昨夜も姿を見せてくれました。
    長かった雨の夏も一段落し、朝夕の秋らしい空気と高い空に季節の移ろいを感じます。

    もうすぐ秋本番ですね。
    Home | Category : その他もろもろ |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0
    2014/09/03(Wed)

    とんかつ廣

    1493.jpg

    今日のお昼は、家内の実家に私用で言った帰りに
    実家の近所で見つけたとんかつ屋さんへぶらりと入ってみました。

    こぎれいな佇まいと、テキパキした店員さんの動きが好印象。
    とんかつ専門店にありがちなはずれたら胃にもたれる「疲れた油」感もなく
    サクサクの衣に包まれた肉厚なとんかつに大満足。
    リピートしたくなるお店、発見です。

    《とんかつ廣》 福岡市南区西長住2-25-32  月曜日休み
    Home | Category : おいしいもの |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
    Home Home | Top Top