• プロフィール

      海彦山彦

      Author:海彦山彦
      海彦山彦のブログ、
      「福岡発、海のこと・山のこと」に
      ようこそ。
      福岡県宗像市在住の
      海と山と映画が大好きな
      アートディレクターです。

    • 最新トラックバック

    • メールフォーム

      名前:
      メール:
      件名:
      本文:

    • 検索フォーム

    • QRコード

      QR

    まとめ
    2013/10/23(Wed)

    思い出のクルマたち 3

    1310231.jpg

    ちょっと間が空きましたが、前回の続きです。

    家内の愛車アコードワゴンを手放した後に、
    家内のクルマとして購入したのがVWゴルフ4でした。

    このクルマ、中古ですがはじめからBBSのホイルを履き、
    これといった不満はまったくないクルマでしたが、
    不満がないのが不満という変な理由と
    やはりワゴンが使い易いということで、
    わずか数年でVWゴルフ3ワゴンに変わりました。

    1310232.jpg

    そしてやって来たVWゴルフ3ワゴン。(写真右)
    コンピュータの異常やオイル漏れなど保証の範囲内の故障は多々ありましたが
    とても使い勝手のいいクルマで、ホイルにタイヤ、ヘッドランプもカスタム。
    3年以上乗りましたが、PW(パワーウインドウ)が壊れ修理に5万円。

    さらにディーラーから
    「この年式は、一カ所PWが壊れたら次々と壊れますので、ご覚悟を」と
    駄目出し宣告され仕方なく手放しました。

    そしてゴルフ4を購入した頃に、13年乗ったプラドから私の遊び&営業車の
    ランクル76ナローボディー&フェンダーミラーを新車で購入。(写真左)

    自分のイメージ通りに足回りからバンパー、フォグなどカスタム。
    オフロードもかなり走りましたが、とても大事に乗っていました。
    4200ccのディーゼルエンジン(マイクロバスと同じとか)は、
    2トンを越す車重をものともせず走りました。
    燃費もこのサイズにしては良く、リッター8km。

    このクルマで行った山や海の思い出は、
    プラドや現在乗ってるジムニーの次に多いクルマです。

    しかし、このクルマを購入したあたりから
    子供達も大きくなり家族でのキャンプや旅行も激減。

    ある時、いつものようにひとりで山に行った帰りに
    誰も乗っていない後部の無駄な空間に気がつきました。
    と同時に、ボデイサイズが日本の山には大きすぎて、
    細い林道に入らず登山口まで歩く事が多くなり、
    家族会議の結果、5年半、55000kmで手放すことに。

    改造費入れて330万のランクルでしたが、
    程度も良く希少車ということで
    260万という破格の高値で四国に売られていきました。
    ただ、やはり今でも未練が残るクルマです。

    1310233.jpg

    そして前後して、VWゴルフ3ワゴンの代わりに一目惚れ&衝動買いしたのが
    このjeep・チェロキーリミテッド。

    このクルマ、内装革張り、HDカーナビ、(はじめてのカーナビ付きのクルマでした!)
    DVDマルチモニターなどフル装備で足回りも全て新品。
    排気量4000cc、ガソリン満タンで90リッターは入ります。(ランクルも同じでした)

    が、しかし大きな欠点がありました。

    燃費が最悪。
    市内で5km。高速乗ってやっとこ8km。

    ちょうど当時は、ガソリンが最高値でリッター¥190前後。
    満タンにしたら¥15000を軽く越える始末。

    唖然。 汗。 あぶら汗。

    なんて計画性のないクルマの買い方…。

    とうとう維持出来ずに、あえなく1年半でお別れしたクルマです。

    (つづく)
    スポンサーサイト
    Home | Category : クルマのこと |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

    トラックバック ▼


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    コメント ▼


        
    • VW,JEEP 欧米化!(タカトシ)

      VWゴルフ辺りから、国内で多く見られるようになりました。一般大衆車に近づいてきたって感じがありました。その頃私は、以前RALLYにはまっていた事もあってプジョーを狙っていたのですが、ほとんど日本に目は向いていない感じでした。
      JEEPチェロキーは燃料を無視すれば、申し分の無い車だと思います。私も大好きな車でした。カナダやオーストラリアの大地を走ってみたいですね。でもローバーの方が日本市場に意欲的だったせいか、一時期ローバーをよく目にしましたね。
      76の燃費がいいとは知りませんでした。以前は軽油の割安感がありましたが、近頃はガソリンとほとんど変わらないのでディーゼル車もほとんど姿を消してしまい寂しい思いです。

    • 受けました(笑)

      yummyさん、こんにちは
      ラリーもされていたのですか。
      プジョー106あたりを狙われていたのでしょうか。

      vwは、特にゴルフ4からほとんど国産車並みの装備と故障知らずで日本でもすっかり定着したようですね。ただやはりゴルフ3まではいろいろと問題があったようです。これはBMWやアウディも同様ですが。
      JEEPチェロキーを衝動買いした時に、本当は隣に止まっていたディフェンダーに心奪われかけたのですが、値段が倍も違い断念しました。ただ、あとでディフェンダーって雨漏りはするは、電気系統が駄目だとか聞き買わずによかったと思った車です。
      76の燃費は、満足でしたが車検とタイヤがネックでした。私のはナローボディーの4ナンバーでしたが、最初の車検以降は、毎年車検。タイヤは4本で安く買っても15万ほどでした。

      今は、ディーゼルもあまり恩恵がありませんね。でかいサイズの車は時代に逆行しているのは明白ですが、やはり乗り馴れたものにはあの魅力はたまりません。

    Home Home | Top Top