• プロフィール

      海彦山彦

      Author:海彦山彦
      海彦山彦のブログ、
      「福岡発、海のこと・山のこと」に
      ようこそ。
      福岡県宗像市在住の
      海と山と映画が大好きな
      アートディレクターです。

    • 最新トラックバック

    • メールフォーム

      名前:
      メール:
      件名:
      本文:

    • 検索フォーム

    • QRコード

      QR

    まとめ
    2014/12/15(Mon)

    自由の森遊歩道

    141215.jpg

    私は仕事上、アイデアに行き詰まると気分転換に
    ウォーキングやランニングによく出かけます。
    いくつかのコースバリエーションの中でもお気に入りなのが
    地元の住宅地を縁取る丘陵地帯に
    数年前に地元の有志の方々の手で作られた「自由の森遊歩道」です。

    私がこの住宅地に引っ越して来た40年以上前にもほぼ同コースで
    遊歩道が作られよく探検気分で子供同士で遊んだエリアが
    最近、復活したもの。
    もしかしたら私のルートハンティング登山のルーツはここなのかも知れません。

    この遊歩道は大半が宗像本来の自然林の中を適度なアップダウンを楽しみながら歩くもので
    途中には三カ所の展望台もあり、新緑や紅葉はもとより野鳥達とも触れあえるコースです。

    特にお気に入りの場所がコースの北端、自由ヶ丘小学校を見下ろす展望台です。
    ここからは宗像の名峰城山から湯川山までの四塚連山をはじめ
    高田山、下山、弥勒山、白山、茶臼山などを一望でき、
    東には戸田山とその周辺の山々、新立山、
    そしてすぐ隣の城平(じょんべら)まで見ることできます。

    いろいろアイデアを考えて歩いて来ても
    ここではついつい山に気持ちが移ります。

    自宅から遊歩道を端から端まで歩いて戻ると約5km。

    私にはとてもいい気分転換の場所です。
    スポンサーサイト
    Home | Category : 山のこと |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

    トラックバック ▼


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    コメント ▼


        
    • 地元遊歩道を守っていきたいですね

      海彦山彦さん こんにちは。
      山好きな者にとっては、たとえ地元低山の遊歩道でも一歩足を踏み込むと入り込んでしまいますよね。
      子供のころに遊んだ同年代の方たちによって復活されたのでしょうね。
      私も昨日、年始の貫山登山のため鷲ヶ峰、城山、笠岩と山道の点検を兼ねて午後から軽く汗を流してきました。ここ2,3年、放置されていた笠岩への登山道が久しぶりに再整備されていて、嬉しくなりました。ただ、城山には堀越城址の山頂表示が年々増えており、ちょっと複雑な気分となりました。
      ちなみにその遊歩道は名前が付いているのでしょうか?

    • 山頂表示について

      yummyさん、コメントありがとうございます。
      昨日は天気の回復が早く気温は低めでしたがいい低山日和でしたね。城山の堀越城址の私票が増えているとのこと。本当に残念な気持ちになりますね。山頂表示はひとつでいいというのが私の持論で、最初につけた方のみまたは地元自治体、山の管理者のものだけで十分です。競うようにまた記念の印なのかいくつも木々にぶら下がる私票を見ると本当に興ざめします。きっとyummyさんや私のHPもこの現象に少しは起因しているのかもしれないだけに複雑な心境、お察しします。登山者のモラルに頼るのみですね。
      ちなみにこの遊歩道の名は、ブログ記事タイトルの「自由の森遊歩道」です。

    Home Home | Top Top