• プロフィール

      海彦山彦

      Author:海彦山彦
      海彦山彦のブログ、
      「福岡発、海のこと・山のこと」に
      ようこそ。
      福岡県宗像市在住の
      海と山と映画が大好きな
      アートディレクターです。

    • 最新トラックバック

    • メールフォーム

      名前:
      メール:
      件名:
      本文:

    • 検索フォーム

    • QRコード

      QR

    まとめ
    2015/01/04(Sun)

    初詣&登り初め

    1513.jpg

    大晦日の午後からの大荒れの天気も収まり、よい天気になった3日の午後。
    家族といつも参拝する地元の神社、八所宮へ初詣に行きました。

    初詣ついでに家族を境内に残し、本殿背後の山、鶺鴒山に9年ぶりに登りました。
    境内右のキャンプ場から簡単に登れる山ですが、
    前回登った時に比べ、踏み跡は明確になり、かつ倒木が増えイノシシの罠もありました。
    山頂の枝には、私が登った5年後の日付の山頂表示も含め、2つの私票がぶらさがっていました。
    (山頂の画像は撮り忘れました)

    あっけないリピートの地元の小山が、
    2015年の登り初めの山となりましたが
    穏やかな1年、いい山と出会える1年であるように祈りながら
    家族の待つ、境内へ下山しました。
    スポンサーサイト
    Home | Category : 山のこと |  コメントアイコン Comment8  |  Trackback0

    トラックバック ▼


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    コメント ▼


        
    • おはようございます

      神社のしめ縄が放射状で、初めて見る形でした。
      そちらの地域ではこういう形がポピュラーなのでしょうか?(@_@;)

    • 目のつけどころが違いますね

      payaさん、こんにちは

      さすがに目のつけどころが違いますね。
      まったく私は気にしていませんでした。
      この形って、そちら熊本にはないのでしょうか?

    • 忘れ物

      海彦山彦さん こんばんは。
      今年の登り始めは由緒ある地元の山になったようですね。鶺鴒山ですか。山名もきれいですね。
      私も最近、忘れ物が多くて困っています。
      気を付けないと、折角の山が台無しになってしまいますね!

    • コメントありがとうございます

      yummyさん、きれいな朝焼けの朝です。
      天気は下り坂かもしれません。
      確かに最近、記録画像を撮り忘れたりなどの忘れ物が多くなってきました。
      鶺鴒山の由来はよくわかりませんが、本当にきれいな名前の小山で、今年の登り初めを簡単に終えました。

    • しめ縄

      これもしめ縄と言ってもいいのでしょうか?
      後方にあるしめ縄でしたら、よく見かけますが、
      飾りの部分は初めて見ました。とっても豪華ですね。
      お隣の県でこんなに違うとは・・・
      この分だと、鏡餅の飾りも違うのかも知れませんね(^_^;)

    • 地方色なのでしょうね

      payaさん、おはようございます。
      雑煮の具やすき焼きの肉の違い(宗像周辺では鶏肉派が多いのです)など、隣県や同じ県内でもご当地色が出るものですね。
      私や家内の家は関東風だったため、雑煮の具はかしわ(鶏肉)ですが、本来福岡ではブリです。
      注連縄ひとるでも地方色が表れるっておもしろいですね。

    • 初登り

      明けましておめでとうございます。
      今年の初登りは4日に古処山でした。正面から登って八丁越方面へ下るコースです。6時間以上もかかってしまいました。ますます大きな山は厳しくなってきたようです。自分の体力・体調に見合った山に登りたいと思います。これは最近読んだBLUE BACKS「山に登る前に読む本」にありました。この本は運動生理学の先生が著者です。以前から心がけては居たつもりでしたが、一層肝に命じています。

    • こちらこそよろしくお願いします

      CJNさん、おはようございます。
      今年もよろしくお願いします。
      登り初めは古処山でしたか。
      自分の体力・体調に見合った山に登るという心がけは、とても大事なことですね。近年、このことを忘れている中高年が山で遭難することが増えているように感じます。私も肝に銘じます。

    Home Home | Top Top