• プロフィール

      海彦山彦

      Author:海彦山彦
      海彦山彦のブログ、
      「福岡発、海のこと・山のこと」に
      ようこそ。
      福岡県宗像市在住の
      海と山と映画が大好きな
      アートディレクターです。

    • 最新トラックバック

    • メールフォーム

      名前:
      メール:
      件名:
      本文:

    • 検索フォーム

    • QRコード

      QR

    まとめ
    2015/02/14(Sat)

    いい天気でした

    15214.jpg

    昨日は、午後から仕事で福岡市、久留米市と回りました。
    風は強いですが快晴の空の下、運転中に発見したことがふたつ。

    ひとつは筑紫野道路の鳥栖の手前から雲仙普賢岳が見えたこと。

    ふたつめは久留米市と鳥栖市の境界あたりの筑紫平野で
    右に天山、正面やや右に多良山系、そして左に日田市との県境の山、
    関ノ山と針目山の稜線が見えました。

    こんなに広範囲に平野部で見渡せたのは、はじめてです。
    (残念ながら運転中だったので画像はありませんが)

    これから花粉や黄砂、PM2.5などの影響で
    しばらくこんな遠望は楽しめないでしょう。

    画像は筑後川の上で、信号停車中に撮った耳納連山です。
    スポンサーサイト
    Home | Category : その他もろもろ |  コメントアイコン Comment6  |  Trackback0

    トラックバック ▼


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    コメント ▼


        
    • 筑紫平野

      海彦山彦さん こんばんは。
      私も先日佐世保からの帰り、鳥栖JCTの手前で筑紫平野の広大さを実感しました。そしてその先に耳納連山が連なっていました。ここ数年、なかなか遠望が効かなくてさびしいものですね。鳥栖から普賢岳が見えるなんて、知りませんでした。黄砂は仕方ないですが、今年もPM2.5に悩まされるのでしょうか。
      日本の過去を振り返ると、数十年は続くかもしれませんね!

    • 本当に困ったもんですね。

      yummyさん、コメントありがとうございます。
      今日は昼から仕事なので朝一に福岡市東区のニューピークを一座踏んで来ました。
      PM2.5問題、本当に困ったもんですね。偏西風がなくならない限り、もしくは大陸の大気汚染が解決しない限りずっと続くのでしょうね。

    • 15日の山

      15日はいろいろありがとうございました。城山と霜野城址はリベンジの山でした。以前はひどい藪で撤退していたよです。2007年でした。

    • リベンジお疲れさまでした

      CJNさん、おはようございます。
      数年で山の様子は変わるものですね。
      昨年も私はCJNさんのHPを参考に登った大分の山は、
      CJNさんが登られた頃と環境が変わり、難儀しました。

    • 15日のピーク

      15日の山は内空閑城址は標高点のピークも含めて東西2峰としました。金比羅山も東西2峰としました。城山は南北2峰として圭ニューピークは8座と計算しました。もう一度あの辺りに行くかさらに球磨村付近に行ってみるか?というところです。長崎市の山も計画が残っていますし。

    • 了解しました

      CJNさん、たくさん登られましたね。
      私も山鹿や南関あたりにまだまだ通わなければなりません。

    Home Home | Top Top