• プロフィール

      海彦山彦

      Author:海彦山彦
      海彦山彦のブログ、
      「福岡発、海のこと・山のこと」に
      ようこそ。
      福岡県宗像市在住の
      海と山と映画が大好きな
      アートディレクターです。

    • 最新トラックバック

    • メールフォーム

      名前:
      メール:
      件名:
      本文:

    • 検索フォーム

    • QRコード

      QR

    まとめ
    2015/03/18(Wed)

    うれしい知らせが届きました

    15318.jpg

    先日、熊本県立美術館よりうれしい知らせが届きました。

    昨年の夏に私の事務所がお手伝いさせていただいた企画展、
    「画家たちの上京物語」の図録が美術館連絡協議会の
    優秀論文賞を受賞したというものです。

    展覧会自体は熊本出身の三人の画家たちが東京をめざし
    その後の半生を軸に当時の時代背景、
    日本画壇の変遷などを織り交ぜたアーカイブ的内容で
    当初予定の220ページから完成した時には
    280ページにもなる内容の濃いものとなりました。

    この展覧会を担当した学芸員の方は
    大学院生のときからあたためて来た企画が
    今回、評価されたことに喜びもひとしおだったようです。

    私の事務所もそんな素晴らしい内容の図録を
    デザインさせて頂く機会に恵まれたことをうれしく思い、
    同時にこれからもそれぞれの展覧会にふさわしいデザインを
    心がけていこうと改めて思いました。
    スポンサーサイト
    Home | Category : デザインのこと |  コメントアイコン Comment6  |  Trackback0

    トラックバック ▼


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    コメント ▼


        
    • いい仕事 してますねぇ

      いつもいつも、いい仕事されてますね!
      このように物体として世間に評価されると、仕事にもやりがいが出ますね。
      陰ながら応援しています。これからも素晴らしいお仕事、頑張ってください!

    • ありがとうございます

      yummyさん、早々のコメント恐縮です。
      私の仕事は黒子のようなものだと常日頃考えていますが、
      その仕事が何らかのかたちで評価を頂くことは
      デザイナー冥利にもつきますし、励みにもなります。
      これからも頑張らねばと思います。

    • 立派な図録手セスね。

      お仕事されていますね。私は午前中だけで午後は最近映画に出かけたりしています。山は日曜日か祭日と決めています。21日はやはりこの前の続きを登ろうと思っています。

    • この連休も仕事です

      CJNさん
      おはようございます。
      充実した日々をお過ごしですね。
      私はまだまだがんばらねばならいなようで、
      今日も他館の図録と久留米の画家の作品集を作っています。

    • 恥ずかしながら

      海彦山彦さん、こんにちは。

      アートディレクターというお仕事がよくわからなくて、
      博物館のお話が以前あったので
      展示の仕方とかのお仕事かな?と勝手に想像していました。
      図録等のデザインなのですね(◎o◎)
      博物館での歴史の図録を娘が何冊かもっておりますので
      もしかするとその中に海彦山彦さんのお仕事の物もあるのかも。

      表紙とか内容の見せ方とか
      色々とセンスが大切なのでしょうね。
      難しいお仕事をされていらっしゃるんですね。
      今までは何気に・・・だったのですが、
      これからは以前より興味を持って
      手に取る機会が増えそうです(^^)

    • アートディレクターとは

      payaさん、コメントありがとうございます。
      私の場合、アートディレクターでありグラフィックデザイナーです。
      アートディレクターとは、判りやすく言えば現場監督のようなもので、
      展覧会の場合その展覧会にふさわしいデザインの方向性と表現を決め、
      グラフィックデザイナーやカメラマンなどに指示を出す仕事ですが、
      一般の方にはあまり馴染みがない職種かもですね。
      是非、これからは様々な展覧会の図録も手に取って見てみてください。
      一番、最後の奥付けに誰がデザインしたか表記されていますので。

    Home Home | Top Top