• プロフィール

      海彦山彦

      Author:海彦山彦
      海彦山彦のブログ、
      「福岡発、海のこと・山のこと」に
      ようこそ。
      福岡県宗像市在住の
      海と山と映画が大好きな
      アートディレクターです。

    • 最新トラックバック

    • メールフォーム

      名前:
      メール:
      件名:
      本文:

    • 検索フォーム

    • QRコード

      QR

    まとめ
    2015/04/12(Sun)

    よくつまずき、よくこけた1日でした

    15412.jpg

    前夜までの雨が上がった昨日、ひと月ぶりの休みに前回の続きとして
    熊本県和水町、南関町のニューピークを登ってきました。

    ところでみなさんこんなことってありませんか?

    山中で忘れ物や落とし物を何度もする日や
    何度も道を間違える日、
    そしてよく怪我をする日など。

    その逆にスムーズにサクサク登れる日や
    偶然、予定外の山に数多く出会える日など。

    大体、2つ目の山ぐらいで
    「あ〜今日はこんな感じの日なのか」と感づきます。

    で、昨日は前日までの雨のせいか
    山の中で滑ってころぶこと数回、
    何にもない所で、つまずくこと多数の1日でした。

    そんな日でも、予定の山も昼過ぎには消化でき
    予備で持って来ていた南関町の山の資料元に登って回り
    結局12座を朝6時半から14時半までに登ることができました。

    転んだりつまづいた割には効率のいい1日だったようです。

    さて、次回はどんな日を山で過ごすのでしょう?

    画像は赤尾平山から見た、三ツ尾山です。
    スポンサーサイト
    Home | Category : 山のこと |  コメントアイコン Comment17  |  Trackback0

    トラックバック ▼


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    コメント ▼


        
    • 今日は何の日?

      海彦山彦さん、こんばんは。
      12座もの山、お疲れ様でした。
      筋肉痛はないですか?

      私も『今日は○○な一日』ってありますよ~
      私の場合は大概、山では転ぶので
      転ぶことに関しては“今日も”なのですが(^^;)
      家事をしていて朝から「アイタ~(+_+)」ってことが続いた日は
      今日はもう何もしない!ってサボっちゃいます(サボりたい言い訳だったりして)
      山などでは、そんなに大事とまではいかなくても
      転んだりとかが続くと用心するので逆にいいかも知れませんね。

      写真は三尾山かな?と思って読み進んできて当たりましたが、
      赤尾平山・・・そんな名前の山が傍にあるんですね。
      山レポ楽しみにしております(^^)

    • ちょっと歩くペースを落としました。

      海彦山彦さん。またまた12座もの登頂 お疲れ様でした。しかもハプニング付きで余力を残しての遂行とは、恐れ入ります。
      私も以前はよく転んでいました。そこで、ちょっと歩くペースを落としたところ、それからは、ほとんんど転ばずに歩くことが出来るようになりました。海彦山彦さんの場合、一日の目標数が多いのでどうしてもハイペースになりがちだと思います。
      目標を落とせとは言えませんので、これからも気を付けてください。くれぐれも、山中で怪我だけはしないようにお願いします!

    • やはり◯◯な日ってありますよね

      payaさん、おはようございます。
      雷雨の福岡です。
      やはり◯◯な日ってありますよね。
      これってpayaさんのコメントを読んで思いましたが
      山だけでなく、日々の暮らしの中でもありますね。
      運転してるときとか、仕事上でも。
      赤尾平山は、簡単に登れる山で前回登り忘れた山でした。
      山自体は面白みのない山ですが、
      この日に登った山の中で
      三ツ尾山の眺めが一番いい山でした。
      レポ少々お待ちくださいね。

    • なるほど

      yummyさん、コメントありがとうございます。
      確かに急いでいるつもりはないのですが、
      やはり先を急いでいていつのまにか
      ペースが上がっているのかもですね。
      本当になんでもないところでつまずいたりするので
      足が弱ったのか心配しました。
      おっしゃるように、
      単独だけに山中での怪我には気をつけます。

    • 筑肥山地という名称を今回知りました

      海彦山彦さん こんにちは。
      12座のレポート、机上登山をしながら楽しく拝見させてもらいました。今回改めて感心したことは、山登りは当然ですが、あのどこから取付いていいのかわからない道を午前中だけで取付場所まで到達できるということです。ナビで記載のない道などは、やはりこれまで走り続けてこられた勘が冴えてるからなのでしょうか?間違いなく、私は道に迷っています。
      筍に山椒。食欲をそそられますね。
      筍のばら寿司に山椒の香り。たまりません!

    • 勘とiPhoneのお陰です

      yummyさん、おはようございます。
      筑肥山地という名称は、
      私も最近意識するようになりましたが、
      現地の道はとても複雑で、
      農道や林道など地形図に
      載ってないものが多々あり困ります。
      カーナビは持っていないのでiPhoneの
      「Yカーナビ」を使っていますが、
      さすがに細い道は記載がなく
      そんな時に役立つのが勘が30%、
      iPhoneの「地形図ナビ」が70%です。
      「地形図ナビ」は国土地理院の地形図や
      衛星画像が通常の地図も選択出来、
      フリーアプリとしてはすぐれものです。
      もちろん持参した紙の地形図とコンパスがメインですが
      最近は補足として使用しています。
      特に三角点が見つからないときは大活躍です。
      タケノコと山椒がおいしい季節になりましたね。
      日本人に生まれてよかったです。

    • 多数のピーク

      たくさん歩かれましたね。私も言っていない城址などがいくつかあるのでまた、行ってみたいとおもいます。高塚山はアッチから登れば簡単でしたね。神尾城址は豪族の墓には行かれなかったのですね。立派な墓所がありましたが。それから南郷山への農道ですが、滝沢さんもあの辺りに駐車されたようですね。ひょっとしたら山主さんは駐車しているのにいらいらされていたのかもしれませんね。あそこには駐めない方がよさそうです。和水また側から登る方がわかりやすいと思います。パンクしたタイヤはトレッド面に切り裂いたように穴があり修理は出来ないので取り替えです。トレッド面に穴が開くのはあまり思っていませんでした。今回はこれだけ取り替えるます。

    • パンクは大変でしたね

      CJNさん、神尾城址の豪族の墓は忘れていました。
      高塚山はCJNさんのレポを読んでいて
      あまり面白そうなルートではなかったので、
      北側からの簡単ルートで登りました。
      私は四駆に乗り出して25年程になりますが、まだパンクはありません。
      以前乗ってたランクルだとタイヤ交換も重労働です。
      お互い単独行動なのでパンク等には気をつけたいですね。

    • 12座のレポ面白かったです

      以前のもそうでしたが、今回も城跡が多いですね。
      この辺は小高い所にはことごとく城を造っていたのかな?
      見たことある小高い所も実は城址だったなんてビックリです。
      今の様子からは想像もつきませんよね。
      それを他県の海彦山彦さんに教えていただくとは・・・(;^_^A
      もしかすると海彦山彦さんは
      和水や南関の地元の人より詳しいかも(^^)

      そうそう、三ツ尾山は電波塔の方からだとえらい楽だったんですね。
      もう少し手応えがあるのかと思っていました。
      なんせ苦労したので・・・(^^;)

    • レポを読んで頂きありがとうございます

      payaさん、こんにちわ
      私はローラー作戦で登って行くので
      城址が多いエリアは必然的に集中します。
      まだ南関には沢山の城址があります。
      私は城郭放浪記というサイトで情報を集めています。
      このサイトの管理者は全国の城址を歩かれている方です。
      うちの近所の城址にも最近登られたようで、
      なんか親近感を覚えます。
      三ッ尾山は、電波塔からなら楽勝です。
      手前のピークまではとても歩きやすく
      苅り払われていました。
      私もある程度は覚悟していましたが拍子抜けです。
      反対から登られたpayaさんたちの記録は
      きっと貴重なものになると思いますよ。

    • パンク

      パンクについて考えました。やはり走行の仕方が最大の原因であるのでしょうが、次いで車重がある、タイヤがオンロード気味のタイヤであることなども原因かもしれないと思います。より用心して運転したいものです。あの狭い農道はやはり軽四駆で走るのがベストだと思います。しかし、遠距離がつらいところです。かわせみさんが言っていましたが、ランクルは大変のようです。狭い農道は歩くことを考えないと・・と思っています。

    • 一長一短ありますね

      CJNさん、軽の四駆で狭い林道の奥まで走るか(つまり時間を短縮するか)、
      大型四駆で快適に高速を走るかのどっちを取るかですよね。
      私は長いことランクルのロングボディで山に通っていましたが、
      高速を降りて山奥に入るに従いそのサイズに難儀して、
      結局、高速の快適性と燃費、車中泊を犠牲にして
      山での取り回しを取りました。悩ましいところです。

    • 軽四駆

      このことについて山で会った人が言っていました。軽に乗っていて事故に遭い重傷を負った人がいる。普通車に乗っていればそこまでの怪我はしなかったかもしれないのにと。実はこのような考えの人は結構いるようです。反対に高齢になったら感覚が鈍るので軽にのる方がいいという人がいます。これも悩ましい問題です。車に乗らないのが一番ですが・・・。

    • 難しい問題ですね

      CJNさん、おはようございます。
      確かに普通車に比べたら安全性は劣りますね。
      理想は、普通車の四駆と軽の四駆を
      目的地に合わせて使い分けることでしょうね。

    • 花立山

      以前は2台持っていたのですが、通常利用に燃費も悪く車も不調になってきたので軽四駆は手放しました。ところで写真を付けようとして、気がつきましたが、花立山はよく見ると写真でも地形図でも双耳峰の様ですね。南峰に行っておけば良かったという所です。

    • 赤尾平山

      赤尾平山の農道入口の件ですが、わかりにくかったでしょうね。詳しく報告しておけばよかったと思いますが、入口の写真を撮るのを忘れていて提示することが出来ませんでした。私はカーナビで走っていたのであの入口を曲がるように指示され、あれと思いましたが、よく見ると農道入口とわかりました。

    • 赤尾平山

      CJNさん、山用に2台の維持は大変ですね。
      赤尾平山の県道から農道への分岐は
      2往復してやっと判りました。
      今日は熊本へ仕事に行ったついでに
      安楽寺山に登ってきました。
      車に戻ったとたんどしゃぶりになりセーフでした。

    Home Home | Top Top