• プロフィール

      海彦山彦

      Author:海彦山彦
      海彦山彦のブログ、
      「福岡発、海のこと・山のこと」に
      ようこそ。
      福岡県宗像市在住の
      海と山と映画が大好きな
      アートディレクターです。

    • 最新トラックバック

    • メールフォーム

      名前:
      メール:
      件名:
      本文:

    • 検索フォーム

    • QRコード

      QR

    まとめ
    2013/11/07(Thu)

    映画のこと その1

    13117.jpg

    今日は映画のお話です。

    映画を観るなら大きなスクリーンと
    大迫力のサウンドが楽しめ
    さらにあの空間が好きという映画館派と
    ゆっくり観たい時にくつろいで自宅で観るDVD派に分かれると思いますが
    私は断然、DVD派です。

    もちろんたまにはシネコンにも出向きますが
    やはりどうしても時間の制約等があるため
    レンタルDVDを自宅で観る機会の方が多いのです。

    数にして週平均3〜4本、多い時には8本観た事も。

    このペースをかれこれ5年近く続けていますから
    多分、観た数は1500本を越えていると思います。
    まるで修行です。

    邦画30%、洋画70%。
    アニメからドキュメンタリーまで
    自分が観たいと思ったものは片っ端から観るタイプです。

    特に中東や北欧、中南米など
    普段あまり目にする事のない国々の映画が好きです。

    そんな映画を観る中で
    たまにキラ星のような秀作に出会った時の喜びは格別です。
    有名な名作にはない別の輝き、味わいを感じます。

    もちろんハズレの方が多いのですが。

    好きな監督もいっぱいいます。
    好きな俳優もいっぱいいます。

    私が好きな映画や監督、俳優については
    また今度にします。

    あっ、でも私は映画オタクではありませんから。
    スポンサーサイト
    Home | Category : 映画のこと |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0

    トラックバック ▼


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    コメント ▼


        
    • 海彦山彦ぷらす...ですね!

      海彦山彦さん こんばんは。
      週平均3~4本の映画鑑賞とは、すごいですね。
      中東や中南米の映画は見たこともないと思います。
      面白くない映画もたくさんあると思いますが、最後まで全て鑑賞されるのでしょうか?
      私が最後にシネマ館で観た映画は2年前。
      家族でみたカリブの海賊・ジョニーデップです。
      これでは映画を語れませんね!
      でも、以前はキネマ旬報にスクリーン,ロードショーと常に愛読していた頃もあったのですよ!

    • キネ旬、スクリーン、ロードショー

      yummyさん、コメントありがとうございます。

      キネ旬、スクリーン、ロードショーを愛読していたとは
      かなりの映画通のようですね。
      今では、懐かしい雑誌名です。

      私もパイレーツ・オブ・カリビアンは
      家族で観に行きました。
      個人的には、「ロード・オブ・ザ・リング」の方が好きなのですが。

      つまらない映画は早送りして見終わるか
      完全に途中でリタイアしたものも何本かありますよ。
      中東や中南米、アジア、北欧の映画には本当にいい作品が沢山あります。

    • 映画

      こんにちは ご無沙汰しています。
      最近は雨やほかの都合でしばらく山に行っていません。足がなまりそうなのでトレをしています。自転車漕ぎです。一応マシンを持っています。
      最近は早寝早起きになって・・年のせい・・夜スクリーンに行く機会が少なくなりました。DVDや録画で少し遅れ目に見たり、数10年前の作品を見たりしています。午後は原則仕事は入れないようにしているので本を読むようになりました。すぐに忘れてしまいますが・・「永遠の〇」がみたいとおもっています。本もなかなかのベストセラーです。

    • 原作を読んで観る映画

      CJNさん、こちらこそご無沙汰しています。

      私もひと月近く、天気や仕事で山はご無沙汰しています。
      毎週のようにシネコンに通われていましたが、
      今は読書で夜長を楽しまれているのですね。
      原作を読んで観る映画はまた違った見方ができ、
      それもひとつの映画の楽しみ方ですよね。

    Home Home | Top Top