• プロフィール

      海彦山彦

      Author:海彦山彦
      海彦山彦のブログ、
      「福岡発、海のこと・山のこと」に
      ようこそ。
      福岡県宗像市在住の
      海と山と映画が大好きな
      アートディレクターです。

    • 最新トラックバック

    • メールフォーム

      名前:
      メール:
      件名:
      本文:

    • 検索フォーム

    • QRコード

      QR

    まとめ
    2015/05/20(Wed)

    でかい奴に遭遇

    15520.jpg

    先日の日曜日のこと。

    いつものように夜明け前に始まった仕事も15時には一段落。
    そこで自宅から城山の麓を回る10kmのウォーキングに出かけました。

    山すそから県道へ向かって下る途中にそいつに遭遇。

    民家の裏の小道に背中を向けて座ってひなたぼっこ中。
    イノシシの子やタヌキにしてはでかく、
    イノシシの成獣にしては体色が茶色すぎるし…。

    ゆっくり近づいても
    振り向くだけで微動だにもせず、あくびまでする始末。

    その顔はまさにアナグマ。

    こんなでかいのはじめて!
    体長は60cmぐらいありまるまる太っています。

    5mの距離まで近づくとさすがにノソノソ
    道路脇の側溝下の巣穴に逃げ込みました。

    久々に大きなアナグマに出会っただけに速効、
    家族にLINEで画像を送りましたが
    誰も無関心でこれまたびっくり。

    そんな日曜日の夕方でした。
    スポンサーサイト
    Home | Category : その他もろもろ |  コメントアイコン Comment10  |  Trackback0

    トラックバック ▼


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    コメント ▼


        
    • ご家族

      反応が薄かったですか・・・
      う~ん・・・なかなか会えるものじゃないのに少々悔しいですねぇ。
      5mまで近付けただけでも快挙なのになぁ(ーー;)

      よし!次はアナグマを抱っこしている写真を送って
      是非ご家族を驚かせてあげてください(^^)b

    • アナグマを知らないのかも

      payaさん、いつもコメントありがとうございます。
      うちの家族は、どうもアナグマを知らないようです。
      アライグマと勘違いしているのかも。
      しかし、人家の裏に営巣しているだけに
      人には慣れっこのようです。
      抱っこした画像なんか送ったとたん、
      LINEのグループからはずされること確実です。

      そうそう、昨日仕事で熊本に行きましたが
      ものすごく暑くてびっくりしました。

    • No Title

      こんにちは
       どきどきする様な艶っぽい女性の写真の後のアナグマ、
      何とも異質な取合せに嬉しくなりました。多様な趣味のなせる技ですね。
       アナグマと遭遇したことはありませんが、私はタヌキと見間違えたりしているかも知れません。
       ある山でヤマドリに遭遇した時は本当に嬉しかったですね。
      テリトリーを死守せんと私に向かって来た態度にいたく感動した記憶がありますが、
      想定範囲外の遭遇は宝くじに当たったように嬉しいものです。

    • アナグマが恋しくなりました

      宗像では、アナグマも民家近くに居住しているのですね。
      これでは野生のアナグマとは言い難いですね。
      ここ一年近く、山でアナグマを見かけていなかったので、アナグマが恋しくなってしまいました。それがアライグマだったらご家族も関心を持ったかもしれませんね。
      私も日曜の午後、時間が空いたので平尾台へ野草鑑賞へ出かけた時のことですが、5mほど前に草むらから真ん丸と太った雉が現れました。そして、私に気付かないまま草むらに入って行ったので、これはシャッターチャンスとばかりに草むらから飛び立つところを身構えて小石を投げたり音を立てたりしたのですが、最後まで雉は飛び立ってくれませんでした。(ご参考までにふらてれーとに記念にアップしています)

    • おjはようございます

      酔漢さん、コメントありがとうございます。
      アナグマと狸は見た目で大きさや容姿が少し異なるので違いは判ると思います。
      遭遇時に一眼カメラがあればと心底残念に思いました。
      ヤマドリやキジも家の近くでは遭遇しますが、
      アナグマは初めてでした。
      彼らも環境に適応するのが大変なようです。

    • キジ

      yummyさん、おはようございます。
      コメントありがとうございます。
      私も地元では今回はじめて遭遇しました。
      お互いまともに山に行けない日々ですね。
      平尾台では私はヤマドリに遭遇しましたが、キジもいるのですね。
      キジは危険を感じると地面に伏せてじっと動かなくなるようですよ。
      ところでふらてれーとのどこに記念画像があるのでしょう?
      拝見しましたが、判りませんでした。

    • ごめんなさい

      ごめんなさい。左上の【ふらてれーと】をポチッとすると、平尾台の記事(雉)へとびます。

    • さっそく拝見しました

      yummyさん、ご返信ありがとうございます。
      キジの記事、さっそく拝見しましたがよく太ったキジですね。
      平尾台の初夏の花々も咲き始めたようで
      季節のうつろいが味わえました。
      ありがとうございました。

    • アナグマ

      アナグマといえばよく引かれた死体?を見ますね。案外動作がのろいのでしょうね。タヌキに似ていますが、タヌキはもう少なくなっているらしいですし、たいてい、轢かれているのはアナグマのようです。これは生きているのですね。

    • はい、元気な個体でした

      CJNさん、おはよございます。
      宗像はまだまだ狸とイノシシが多く生息しており
      40数年宗像に住んでいて
      今回はじめて地元でアナグマに出会いました。
      狸に比べ少し敏捷性に欠け、警戒心も薄いようです。

    Home Home | Top Top