• プロフィール

      海彦山彦

      Author:海彦山彦
      海彦山彦のブログ、
      「福岡発、海のこと・山のこと」に
      ようこそ。
      福岡県宗像市在住の
      海と山と映画が大好きな
      アートディレクターです。

    • 最新トラックバック

    • メールフォーム

      名前:
      メール:
      件名:
      本文:

    • 検索フォーム

    • QRコード

      QR

    まとめ
    2015/06/18(Thu)

    出張ついでに

    156181.jpg
    この秋に、熊本県立美術館で開催される「ほとけの里と相良の名宝」展の
    イメージ撮影のために熊本県人吉市と湯前町へ出張しました。

    人吉市や湯前町へ足を運ぶのは15年ぶり。
    ですが天気は朝から生憎の雨模様。

    集合場所の湯前町のお寺に向かう前に宿題を3つこなします。

    ひとつめの宿題。
    八代で高速を降り、球磨川沿いに人吉へ入ること。
    このルートはまだ一度も車で走ったことがありませんでした。
    筑後川とも遠賀川とも山国川とも違う、
    連日の雨で増水して一段と荒々しい表情の球磨川を横目に人吉入り。

    ふたつめの宿題。
    人吉市の雨吹山に登ること。
    東登山口から傘をさして、登頂。
    雨に煙る、人吉の町と球磨川を見下ろす山頂には
    今回の展覧会の中心一族である相良家にゆかりの修験者の墓があり参拝。

    最後の宿題。
    人吉の名物ラーメン「天琴」で昼食をとること。
    住宅地の中の小さな店ですが満足の一杯。
    でも、ちょっとスープが濃すぎるかな?って個人的感想。
    お昼前には行列ができていました。

    156182.jpg

    宿題を終えて、集合場所の湯前町の城泉寺へ。
    なかなか風情のあるお堂で重要文化財の仏像の撮影。

    次に人吉市の相良家の菩提寺でもある願成寺へ移動。
    ここでも重要文化財の仏像の撮影をし、
    帰りに隣の相良家墓所に参拝し、五木村経由で帰路に着きました。

    走行距離620km。
    少々疲れましたが、充実の1日でした。

    この展覧会にふさわしいポスターや図録のデザインになるように
    今回、じかに感じた仏像が所蔵される町の空気感も含めて表現できるように
    がんばりたいと思います。


    スポンサーサイト
    Home | Category : ラーメンのこと |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0

    トラックバック ▼


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    コメント ▼


        
    • 人吉と言えば

      バスツアーで青井阿蘇神社へ立ち寄ったのを思い出します。国宝の建物などがあり立派な神社でした。最近こちら方面の山には行きません。また、思い出したら行くと思います。23日は萩へバスツアーです。山に行ったときには萩城くらいでした。観光したのは。

    • 雨が降らないといいですね。

      CJNさん
      昨日は、結局雨の1日でしたが1座登れてよかったです。

      青井阿蘇神社はまだ、行ったことがありません。
      人吉周辺の山もまだまだ未踏の山ばかりです。
      23日は雨が降らないといいですね。

    • 雨吹山

      海彦山彦さん こんにちは。
      やっと解放されて神戸から帰ってきました。
      雨の中の雨吹山。お疲れ様でした。雨が降るではなく、雨が吹く山って、素敵な名前だと思います。山頂の全景が確認できてうれしく思っています。自然林も雰囲気の良い所だったのですね。ちょっと残念な気持ちですが、ありがとうございました。
      当時、地蔵様や墓前の置物やお供えの造花が辺りに散乱していたので、ライトを頼りに探して回ったのを思い出しました。相良家にゆかりがあったなんて知りませんでした。何か導かれたのかもしれませんね。私もあの夜は、自然と足が向いていました。素晴らしいお仕事ができると思いますよ!
      あとで判ったのですが、雨吹山へ行く途中に幽霊が出ることで有名なお寺にも立ち寄っていました。このお寺も相良家と何か縁があったりして.....

    • 神戸出張お疲れ様でした

      yummyさん、長丁場の出張お疲れ様でした。
      yummyさんのブログを参考に今回、登らせて頂きましたが
      登山道は自然林が残りいい雰囲気でした。
      展望は雨でイマイチでしたが、今回担当する展覧会と
      縁のある修験者の墓所に、少し驚きを感じました。
      さらに麓の球磨川の対岸の町名には、相良氏の名前が使われており、やはりあの辺りはかなり相良氏のゆかりの地のようです。雨吹山の近くに幽霊が出るお寺があるとは知りませんでした。きっと相良氏と縁のあるお寺でしょうね。
      しかしあの林道をよく夜間に歩かれましたね。
      さすがです。

    Home Home | Top Top