• プロフィール

      海彦山彦

      Author:海彦山彦
      海彦山彦のブログ、
      「福岡発、海のこと・山のこと」に
      ようこそ。
      福岡県宗像市在住の
      海と山と映画が大好きな
      アートディレクターです。

    • 最新トラックバック

    • メールフォーム

      名前:
      メール:
      件名:
      本文:

    • 検索フォーム

    • QRコード

      QR

    まとめ
    2015/12/26(Sat)

    これもオリンピック効果?

    1512261.jpg

    昨日は元旦から始まる
    「黄金のアフガニスタン」展の開会式に九州国立博物館へ行ってきました。

    タリバンの略奪や破壊から守られた名宝や
    世界に流失した名宝を収集し
    紀元前から2世紀までの名宝を一同に見ることができる展覧会です。

    内覧会の後、太宰府天満宮仲見世にあるスターバックスへ。

    この店は、新国立競技場の設計者として選ばれた隈研吾氏設計の店。

    4年前のオープンの時から、全国的にも話題になった
    コンクリートと寄せ木造りのデザインで構成された店舗ですが
    今回のオリンピックの一件で再び脚光を浴び、
    店舗外壁のプレートにある隈氏の名前の所だけ多くの人が触れた痕跡が残る程とか。

    これもある意味、オリンピック効果の現れでしょうか?
    スポンサーサイト
    Home | Category : その他もろもろ |  コメントアイコン Comment10  |  Trackback0

    トラックバック ▼


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    コメント ▼


        
    • 宗像サーフ

      宗像周辺のポイントのページ活用してます。
      ありがとうございます。
      最近の釣果どうですか?
      私は勝浦攻めてみます!

    • ようこそ!

      ケンゴさん
      はじめまして。
      そしてコメントありがとうございます。
      私のHPがお役に立てて良かったです。
      今年は仕事に忙殺されたり母を亡くしたりで
      海に行く時間がありませんでした。
      最近はいろんな情報からあまりサーフでは、
      昔のように釣れていないようですがケンゴさんの釣果はいかがですか?
      温暖な秋、冬の影響で魚の動きにも影響が出ているようです。
      来年からはまた以前のように海、山とも復活予定ですので、
      情報交換等よろしくお願いします。

    • そうでしたか。
      私は糸島から夏に宗像に来ました。宗像のポイントがわからない中に情報を見て助かりました。しかしまだ深浜と勝浦でのソゲのみの釣果です。ヒラメとシーバスになかなか出会えません。技量がないのですが。笑
      釣川河口も何度か試したのですが、魚影が薄い気がしました。勝浦のサーフも広くてなかなかポイントの絞り込みに悩みますね。こちらこそ情報交換お願いします!

    • ようこそ宗像へ

      ケンゴさん
      魚影の濃い糸島からお越しになったのでは
      宗像は少々物足りないかもしれませんね。

      深浜は博打的なエリアで出れば座布団クラスが連日出ることもあります。また、運が良ければ五目釣りもできますが、ベイト次第です。

      勝浦は私もはじめはその広さに戸惑いましたが
      大潮の干潮の時に行ってみると馬の背の場所や
      落ち込み、カレントのできる場所も判りいいかもです。
      あの広いサーフでも特にベイトが溜まる場所などのポイントは数箇所に限られます。
      ちなみに勝浦の先の白石浜も同様です。

      ただ、この数年ベイトが福津や古賀サーフにはいても宗像まで来ない現象が続いています。
      その点、釣川河口付近はシーバスはぼつぼつ上がっているようですが、ランディング難しいのが欠点ですね。
      今後ともよろしくお願いします。

    • 糸島はシーバス、ヒラメ、青物の良いポイントが多々ありますね。
      新たな宗像での釣りも楽しいです。
      確かに深浜は良い雰囲気がありますね。とにかくベイト次第ですね。勝浦はベイトが溜まるポイントがあるのですね。何度も足を運んで投げて探っていくしかないですね。勝浦はまだ満潮時にしか行ったことありませんので、干潮をチェックしてみます。
      はやく宗像のシーバス、ヒラメ、青物に出会えるように頑張ります!
      こちらこそよろしくお願いします。

    • いい釣果の知らせを楽しみにしています!

      ケンゴさん
      多彩なポイントの糸島に比べると地味な宗像ですが
      まだまだいいポイントはあるようです。
      ただ、開発や護岸整備で海底の地形の変化も年々進んでいるのも事実です。
      深浜も釣川河口も昔に比べれば大分変わりました。

      お互い大漁の年になりますように。
      引き続き来年もよろしくお願いします。

    • 隈研吾

      海彦山彦さん こんばんは。
      恥ずかしながら隈研吾という設計者のことは知りませんでした。
      この機会に調べてみると、1つだけ知っている建築物がありました。川棚温泉の交流センターです。一目見ただけで見入ってしまう建物だったので印象に残っています。やはり、素晴らしい設計者は違いますね。でも、プレートに触れようとは思いませんけど.....

    • No Title

      海彦山彦さん、本当にお久し振りです。
       お仕事、また私事とお忙しい一年だったと思います。
      私自身、ブログを更新する機会を失い、おのずとコメントを出す機会も無くしておりましたが、時々貴方の日常を瞥見しながら、人知れず佇む山等を極める意気と、この時代にあくまでもアナログで山路を歩く貴方の後姿を重ねておりました。
       私は、年齢相応に順送りの自治会や行政のお手伝いをし、気忙しい日々に山登りも儘ならず、年金生活者のための四字熟語「晴耕雨読」に身をやつしております。
       来年も一層のご活躍を祈念しております。

    • おはようございます

      yummyさん、コメントありがとうございます。
      建築家とデザイナーは意外に近い関係にあり、
      お互いの世界のなの通った人は、知っているものなのです。
      でも、さすがに私もプレートには
      触れようとは思いません。
      スタバ太宰府店で見ていると、
      やはり訪れる多くの外国人は
      建物自体やプレートにはまったく興味がないようで、
      建物やプレートの写真を撮るのは日本人ばかりでした。
      隈氏は、今が旬の時の人なのでしょうね。

    • 晴耕雨読

      酔漢さん、こちらこそご無沙汰しておりました。
      お察しのように、私にとっては公私ともに多忙な年でした。
      同時に、海も山とも梅雨以降から距離をとることを
      余儀なくされていますが、
      海勘、山勘だけは衰えないように心がけてはいますが
      実のところどうなのでしょう。

      酔漢さんも地域のことにご尽力され
      その合間に山や畑とも向き合った1年だったようでお疲れ様でした。

      「晴耕雨読」は憧れの熟語です。
      いつの日か胸張ってこの熟語のような日々を送れるようにしばし、
      頑張りたいと思います。

      来年もお付き合いのほどよろしくお願いします。
      良い年をお迎えください。

    Home Home | Top Top