• プロフィール

      海彦山彦

      Author:海彦山彦
      海彦山彦のブログ、
      「福岡発、海のこと・山のこと」に
      ようこそ。
      福岡県宗像市在住の
      海と山と映画が大好きな
      アートディレクターです。

    • 最新トラックバック

    • メールフォーム

      名前:
      メール:
      件名:
      本文:

    • 検索フォーム

    • QRコード

      QR

    まとめ
    2016/05/10(Tue)

    日本酒のお話 2

    16510.jpg

    比較的好天に恵まれたGWも終わりましたが私はず〜っと仕事の連休でした。

    こんな時の楽しみはもう仕事のあとの晩酌しかありません。
    そこで最近飲んだおいしい日本酒をご紹介します。

    まずはもう二ヶ月も前に京都へ旅行した際に
    錦市場の酒屋で見つけた大吟醸「都鶴」。

    京都・伏見の都鶴酒造で仕入れた生酒を酒屋さんが量り売りしている酒で
    伏見の酒にありがちな甘さもべとべと感もなく
    すっきりした香り高く華やいだ、やや辛口の酒でした。

    次の酒は、仕事でがんばっている自分へのご褒美として天神の岩田屋で購入した
    よくお寿司屋さんでおいているご存知「三千盛」の「純米からくち大吟醸」。
    値段だけあって、すっきりした中にもしっかりした味わいが残るおいしいお酒でした。

    まだまだおいしいお酒が日本中にあるので
    これからもどんなおいしい出会いがあるのか楽しみです。
    スポンサーサイト
    Home | Category : 酒のこと |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

    トラックバック ▼


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    コメント ▼


        
    • 日本酒

      海彦山彦さん おはようございます。
      三千盛の酒瓶が家にあるだけで、なんかリッチな感じがします。頑張った人への一本ですね!
      都ノ鶴は初めて知りましたが、初めての酒蔵に行くとその中の一本をセレクトするのは大変難しいですよね。あれもこれもってわけにはいかないので。
      私は最近、宮崎へ行った長男が帰省する際に持ってくる焼酎が楽しみなんです。今日の晩酌は日南の京屋酒造 甕雫でした。

    • 京屋酒造

      ゆっmyさん、おはようございます。
      コメントありがとございます。
      日本酒って本当にいろいろあって選ぶの難しいですね。
      辛口といってもひとそれぞれ感じ方が違うし。
      蔵元にいったら本当に迷うし、その場での試飲は特においしく感じたりするので????です。
      京屋酒造は、以前宮崎焼酎の仕事をした時に知りましたが甕雫は
      うまそうな焼酎ですね。
      息子さんの帰省にさらにひとつ楽しみが増えましたね。

    Home Home | Top Top