• プロフィール

      海彦山彦

      Author:海彦山彦
      海彦山彦のブログ、
      「福岡発、海のこと・山のこと」に
      ようこそ。
      福岡県宗像市在住の
      海と山と映画が大好きな
      アートディレクターです。

    • 最新トラックバック

    • メールフォーム

      名前:
      メール:
      件名:
      本文:

    • 検索フォーム

    • QRコード

      QR

    まとめ
    2016/07/17(Sun)

    そしてまた昨日のこと

    16717.jpg

    世の中は、三連休初日。
    その初日の昨日は早朝から「ランス美術館展」の
    開会式へ列席するため家内と熊本県立美術館へ。

    連休限定の高速割引の効果か、
    いつもの土曜日にしてはかなり混む高速を走り、
    途中渋滞のため菊水ICから一般道の迂回路を抜けて美術館へ。

    地震後、はじめて訪れる家内は、
    熊本城内にある美術館から見る熊本城の被災した様子や
    崩壊した石垣を目にして言葉もない様子。

    気を取り直してくまもんも参加している開会式に列席。
    フランス・シャンパーニュ地方の中世の文化が色濃く残る町ランスは
    熊本市出身の世界的な洋画家レオナール・フジタが眠る場所でもあり
    ランス美術館の名品とフジタの作品群で構成された展示内容は見応えがありました。

    その後、昼食は熊本市南区川尻のうなぎの銘店「七代目若松屋」へ。

    この店は20年ぶり3回目の来店ですが、店舗自体が大きく様変わりし
    今では別館まである繁盛店になっていました。

    30分待って食した20年ぶりのうなぎの味は、
    店舗は変わっても昔のままのおいしさでした。

    このあと、久留米市の石𣘺美術館へ移動。
    先日、時間の都合で見ることができなかった「石橋美術館物語」展を堪能。

    ピカソ、ルノワール、佐伯祐三、黒田清輝、青木繁、坂本繁二郎、古賀春江など
    豪華な顔ぶれの名品にお腹いっぱいの展覧会。
    この展覧会のポスターから図録まで制作させて頂きましたが、
    やはりじかに並んだ名品を見ると石橋正二郎と美術館のコレクションぶりは圧巻でした。

    仕事を兼ねた熊本、久留米の旅でしたが大した雨にも遭わずいい一日となりました。
    スポンサーサイト
    Home | Category : おいしいもの |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0

    トラックバック ▼


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    コメント ▼


        
    • 満腹です

      海彦山彦さん こんばんは
      本日、妻と一緒に久留米に行ってきました。
      海彦山彦さんの言われるように美術品だけでもおなかいっぱいなのに、私はポスターや図録まで楽しむことが出来て最高でした。図録の最終項にはバッチリとありましたね!
      購入した図録を手に入口のポスターの前で記念写真まで撮りました。お客さんもたくさんでした。
      熊本はちょっと遠いので、柳川で鰻を食べて本当の意味でも満腹になって、帰りの高速では眠くて大変でした。
      海の日ではありましたが、今年は美術館にしてよかったです!

    • ありがとうございます

      yummyさん、奥様と久留米まで足を運んで頂いた上に、図録まで購入して頂きありがとうございます。
      今回の最後の展覧会は本当に中身の濃いものです。
      私は期間中、再度行こうかと思っています。
      柳川のうなぎも美味しいですね。
      私は昨年に続き2年連続で
      うなぎを食べることができ大満足です。

    • 高速道

      17日に走りましたが、多かったですね。事故もあり渋滞でした。この日の山は美祢市厚保付近の「江下山」192.6mでした。車道を歩きました。夏草が茂っています。近くの原八幡宮の大クスが目的でした。この山の上には電波塔があり車で行けると思っていたのですが、当てが外れました。18日は大平山に登りましたる暑かったです18日夜は筑紫口付近の居酒屋でしなかむとしさんらとオフでした。6名の参加でした。

    • お疲れ様でした

      CJNさん、暑い中、山口の山、お疲れ様でした。
      この時期、熱中症に気をつけたいところですね。
      16日も高速は混雑していました。
      普段、高速を走り慣れていない車も多く、ハラハラでした。

    Home Home | Top Top