• プロフィール

      海彦山彦

      Author:海彦山彦
      海彦山彦のブログ、
      「福岡発、海のこと・山のこと」に
      ようこそ。
      福岡県宗像市在住の
      海と山と映画が大好きな
      アートディレクターです。

    • 最新トラックバック

    • メールフォーム

      名前:
      メール:
      件名:
      本文:

    • 検索フォーム

    • QRコード

      QR

    まとめ
    2017/01/23(Mon)

    最近の邦画

    17123.jpg

    粉雪が舞う福岡です。

    こんな寒い日は、久々に映画の話です。
    Amazonプライムに入会して2年目に入りましたが
    お陰でTSUTAYAのレンタルにお世話になることもなくなり
    ひたすら2日に1本ぐらいのペースで片っ端から観たい映画を観ています。

    特に最近はあまり観なかった邦画も観るようになりました。
    そんな中で気に行った作品にいくつか出会えました。

    「捨てがたき人々」
    ジョージ秋山原作のコミックの映画化作品らしい出来で
    人間の「業」をテーマに長崎県五島を舞台にした人間ドラマです。
    主演の大森南朋演じる島に舞い戻った男が不器用ながらも生きようとする葛藤が
    周囲の人々も交えて描かれています。
    「この銭ゲバ!」という台詞を聞いた瞬間、子供の頃嫌いだった
    ジョージ秋山の作風が脳裏をよぎりました。

    「WOOD JOB~神去なあなあ日常」
    三浦しをんの青春小説を「ウォーターボーイズ」「ハッピーフライト」の
    矢口史靖監督が映画化したもので都会育ちの林業研修生が一人前になるまでが描かれています。
    ロケは三重県を中心に行われたようですが、昔からの山での暮らしぶりも描かれ
    個人的には憧れていた職業だけに面白い作品でした。

    「さよなら歌舞伎町」
    歌舞伎町のラブホテルを舞台にした群像劇です。
    「WOOD JOB~神去なあなあ日常」で主演を演じた染谷将太が
    ラブホテルの従業員チーフ役で好演しています。
    群像劇好きには十分楽しめる作品です。
    桑名正博の「月の光」が効果的に使われていますが、
    前田敦子がシンガーソングライターを目指す役で出て来ますが
    彼女が出ると青春映画っぽくなり違和感を覚えました。

    「ぐるりのこと。」
    この作品は以前からその名前が気になっていました。
    ぐるりのこと? 観てやっと納得です。
    ひと組の夫婦の10年間(ぐるり)を描いた人間ドラマです。
    リリー・フランキー演じるゆるい夫と木村多江演じる几帳面な妻との葛藤は
    その演技にも現れひとの温もりを感じさせます。
    逆に劇中に挟まれる当時の世相を感じさせる法廷シーンでは人間の業を感じ
    観る者の心情を揺さぶるうまい構成の作品でした。

    「百円の恋」
    最近の大収穫の作品です。
    ひきこもりの32歳の女性が自立し、プロボクサーをめざすストーリー。
    主演の安藤サクラがわずか10日間の撮影期間で見事までに身体を変えた努力と演技には魅了されます。
    第88回アカデミー外国語映画賞の日本代表に選ばれたたり、
    主演の安藤サクラは、この作品で第39回日本アカデミー賞・最優秀主演女優賞を獲得。
    久々に本気の鬼気迫る女優の演技を見た気がします。
    この他にもいろんな邦画をこの数ヶ月観ましたがやはり「百円の恋」を越えるものはありません。

    っというわけで、またいい作品に出会えたら映画のことについて書いてみたいと思います。

    スポンサーサイト
    Home | Category : 映画のこと |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0

    トラックバック ▼


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    コメント ▼


        
    • 寒い日が

      続きます。21日は五十嵐さんの藍綬褒章受章記念パーティが西日本スカイホールでありました。やまびこ会とお友達グループとの共催でした。松本高志Takaちゃんが代表ですので彼が世話人代表でした。私も世話人に名前を連ねていたので閉会の辞を言うことになりました。20人くらいメンバーが出席しました。映画は私が見た物は半分です。今週は2本ばかりありますが、一本だけ見て、「沈黙」を来週見ようと思っています。今原作を読んでいます。次の日曜日は山に行きたいものだと思っています。晴れると良いのですが。

    • 邦画

      海彦山彦さん こんにちは
      ここ数日、寒い日が続きましたね。土用は期待して福智山に登りましたが積雪は10センチ程度でした。日曜は女子駅伝の観戦に出かけましたが、本当に寒い一日でした。
      寒いのは苦手なんで、私も家でゆっくり映画鑑賞でもしたいところですが、出かけてしまう性分には困ったものです。
      久々の映画ですね。いろんな邦画のご紹介、ありがとうございます。百円の恋。当時話題になったので、この機会に是非鑑賞してみます。小倉には昭和館という古き良き時代を感じさせる素晴らしい映画館が有ります。近頃は足も遠のいてしまいましたが、存続してもらうためにも足を運ばなければなりません。
      そして、昭和の大スターがまたこの世を去ってしまいました。
      仁義が当たり前の時代だったからこそ、逆に仁義のない世界が受けた昭和。仁義が薄れつつあるこの平成では、仁義を重んじるもののほうが受けるのかもしれませんね。また、マグロ保護のためにも、ここは思い切って寿司ネタからマグロを無くす覚悟が必要かもしれませんね。あの世で安堵して頂くためにも.....

    • 本当に寒いですね

      CJNさん、こんにちは
      本当に寒い毎日です。
      阿蘇では今朝-10℃近くまで下がったとか。
      五十嵐さんの藍綬褒章受章、おめでとうございました。
      同じ山仲間として嬉しいニュースですね。
      「沈黙」は遠藤周作原作のものですね。
      昔、読んだことがあります。
      今度の日曜日は、山に行けるかわかりませんが
      雪の影響のないところに行きたいものです。

    • 昭和館

      yummyさん、コメントありがとうございます。
      私は寒いのが苦手で雪山は消極的になります。
      「百円の恋」は是非、ご覧ください。
      安藤サクラの凄みを感じる作品です。
      昭和館。
      懐かしいです。昔、サラリーマン時代に会社の先輩と
      何度か行った憶えがあります。
      最近は新聞でも、女性館主の存続へ向けての奮闘の記事をよく目にします。
      松方弘樹さんは、本当にカッコイイ男優でしたね。
      先日、観た任侠映画でも背中で演技する様に痺れました。
      またひとつ昭和が消えていった感がします。

    Home Home | Top Top