• プロフィール

      海彦山彦

      Author:海彦山彦
      海彦山彦のブログ、
      「福岡発、海のこと・山のこと」に
      ようこそ。
      福岡県宗像市在住の
      海と山と映画が大好きな
      アートディレクターです。

    • 最新トラックバック

    • メールフォーム

      名前:
      メール:
      件名:
      本文:

    • 検索フォーム

    • QRコード

      QR

    まとめ
    2017/02/04(Sat)

    吉田 博展

    1724.jpg

    昨日、久留米市美術館で本日から開催される「吉田 博」展の
    開会式に列席してきました。
    石𣘺美術館から久留米市美術館となり2回目の特別展であり
    私の事務所としては、久留米市美術館となってはじめて
    デザインをお手伝いさせて頂きました。

    「絵の鬼」とも呼ばれた吉田博の生誕140年を記念するこの展覧会は
    全国を巡回しており久留米市美術館が三館目の開催となります。

    16歳の頃から晩年までの水彩、油彩、版画、日本画と
    多岐に渡る技法で描かれた作品群に圧巻されます。

    吉田博は、山も愛する画家で国内外の山々の作品を多く残しており
    その日本離れした作風は今でも新鮮で
    山好きな私としては是非、展覧会のお手伝いをしたかった作家のひとりです。

    前期と後期で版画の作品を中心に70点の入れ替えもあり、後期も楽しみです。

    詳しくは久留米市美術館のHPをご覧下さい。

    スポンサーサイト
    Home | Category : 展覧会のこと |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0

    トラックバック ▼


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    コメント ▼


        
    • 吉田博展

      海彦山彦さん 久留米市美術館 吉田博展のお仕事お疲れ様でした。久留米出身の偉大な画家だけに、久留米市民も多くの来客が見込めそうな展覧会ですね。絵の鬼というニックネームからも、絵を描くことに精魂を傾けた人物像が想像できる画家です。そのような画家だからこそ、多岐にわたる技法を身に着け素晴らしい絵をこの世に残したのでしょうね。ただ、久留米市美術館所蔵品が無いのが残念です。

    • 吉田博

      yummyさん、コメントありがとうございます。
      吉田博が久留米市出身の画家であること自体、
      知らない市民も多いようです。私もそうでした。
      しかし、彼の作品を一度見てしまうと
      やはり彼の才能の素晴らしさに脱帽し、
      同時にどうして今まで久留米市出身画家として知られてこなかったの
      か疑問になります。

      久留米市美術館の所蔵品の少なさは
      これから徐々に増えていくのでしょうが、
      やはり吉田の作品も1点ぐらいは所蔵してもらいたいところです。

    • 1ッ戸城址

      時間を見て展覧会には行こうと思っています。19日はかねてから計画していた「1ッ戸城址」に北側の林道を経由するコースで登ることが出来て満足しました。入口にゲートがあるのが面倒ですが、登山口まで車が入るのもよかったと思います。コースははっきりしていてわかり易いルートでした。南のルートは登城路の後ではないかと思います。二の丸はあるHPによると本丸より東側にあるように書かれていました。帰りには国道500沿いにある「日の岳神社のムクノキ」を訪れて帰宅しました。背の高い木でした。

    • 一ツ戸城址

      CJNさん、一ツ戸城址狙い通り北側ルートで登れて良かったですね。城址の山は地元の方が継続してかんりしている山は登りやすいものですが、登山路を作ったあと放置さtれた山もあり難儀しますね。このたりの山は宿題のものが多く残っています。

    Home Home | Top Top