• プロフィール

      海彦山彦

      Author:海彦山彦
      海彦山彦のブログ、
      「福岡発、海のこと・山のこと」に
      ようこそ。
      福岡県宗像市在住の
      海と山と映画が大好きな
      アートディレクターです。

    • 最新トラックバック

    • メールフォーム

      名前:
      メール:
      件名:
      本文:

    • 検索フォーム

    • QRコード

      QR

    まとめ
    2017/03/21(Tue)

    期待はずれの山もある

    17321.jpg

    いろんな山に登ってきましたが、
    やはり期待以上のいい山もあれば、期待を大きく裏切る山もあるわけで。

    先日、登った大分と福岡との県境エリアの山にはまさに期待を裏切られました。

    麓から見る限りは自然林の尾根歩きが楽しめそうに見えるのですが
    それはほんのわずかでルートの大半が薮と倒木、そして人工林。

    それだけに人は歩いておらず大半は放置されたルート。

    その中をガサゴソガサゴソ、倒木を越えたりくぐったり、
    薮をかきわけ手足は傷だらけ。

    「まあ、こんな山もある。」
    「何事も経験だ」と、自分を言い聞かせ
    次の山に期待を託してまた新たな山に向かう最近の私です。
    スポンサーサイト
    Home | Category : 山のこと |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

    トラックバック ▼


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    コメント ▼


        
    • 期待外れの山

      海彦山彦さん こんにちは。
      大塚山から御側山の藪漕ぎ縦走、お疲れ様でした。
      その後、目の調子はどうですか。
      藪漕ぎでは、目は特に注意が必要ですね。藪を進むにつれて、目への配慮が薄れてきたときに何度かヒヤッとした経験もあると思います。その度に保護メガネを着用するのですが、汗で曇ってしまうので、結局外してしまいます。お互い、気を付けて楽しみましょう。足の方も、大丈夫でした?
      期待外れは山の楽しみ方の一つです。でも、後悔だけはしたくないですね。

    • お気遣いありがとうございます

      yummyさん、コメントありがとうございます。
      最初は注意して歩いていても
      同じようなルートが続くと段々と歩き方が雑になり
      怪我をしてしまいすね。
      考え事をしている時も同様です。

      おかけ様で目も足も大丈夫です。
      パンツも家内に直してもらいますが
      ZEROPOINTのインナーは、
      穴が空き塞ぎようがないようです。

    Home Home | Top Top