• プロフィール

      海彦山彦

      Author:海彦山彦
      海彦山彦のブログ、
      「福岡発、海のこと・山のこと」に
      ようこそ。
      福岡県宗像市在住の
      海と山と映画が大好きな
      アートディレクターです。

    • 最新トラックバック

    • メールフォーム

      名前:
      メール:
      件名:
      本文:

    • 検索フォーム

    • QRコード

      QR

    まとめ
    2017/04/14(Fri)

    あれから一年

    17414.jpg

    熊本、大分の震災から今日で一年。
    被災、亡くなった方のご冥福をまずはお祈りいたします。

    この一年、本当に多くの人が予想もしなっかった時間を過ごしたことと思います。

    私も福岡の地で夜中にスマホの警報と震度5弱の揺れで目が覚めました。

    一年経ってもまだ4万7千人の方々が避難所生活を強いられている日常が続いています。

    復興といく言葉を使うにはまだまだ早い被災地の方々のこれからが
    少しでも明るいものであることを祈ることしかできな私ですが、
    決して震災のことは忘れずにいようと思います。

    今年の宗像の桜は開花が遅く、例年ならとうに散っているはずですが、
    被災したみなさんを勇気づけるかのように、いまだ満開に近い状態で咲いています。

    被災した多くの方々の心に早く満開の桜が咲きますように。
    スポンサーサイト
    Home | Category : その他もろもろ |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

    トラックバック ▼


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    コメント ▼


        
    • やっぱ、我が家が一番よかです

      海彦山彦さん、こんにちは。
      早いもので震災からあっという間の一年でした。
      まだまだ、各地で震災の爪痕が残る被災地は、本当にみなさん大変だと思います。仮設住宅で仮住まいをされている方も、まだまだたくさんいます。それでも、我々世代で記憶に新しい阪神淡路大震災に比べると自宅復旧率の進歩は目を見張るものがあります。但し、現役世帯においてです。
      問題は、一人暮らしの諸先輩方で、帰宅率はほとんど望めません。これでは、日本と言えません。2020年、国民全員が我が家で応援しないと意味がないのです。建築労働者の休みを削って、急ピッチに進められる税宅や贅宅な建築物。これこそ本当の贅沢で、そのうちの一割でも、震災復興に向けられれば、我が家が戻ってくるのです。復興された方々の多くが口にされていた言葉は、「やっぱ、我が家が一番よかです」

    • 同感です

      yummyさん、コメントありがとうございます。
      今、熊本地震後はじめて大分から熊本市内を抜けて自宅に戻ったところですが、未だに阿蘇周辺では災害復旧工事が行われ、まだまだ手つかずの田畑や山もあり、迂回路のミルクロードも大渋滞。インフラがこんな感じですから、普段の通勤も含めて大変な日々がまだまだ続いていることを実感しました。熊本だけでなく、水害や東北の震災でもそうですが、やはり「やっぱ、我が家が一番よかです」が、避難所暮らしが続く方々にとって本当の素直な気持ちだと思います。
      うまい税金の使い方をもっと国も自治体も見直すべ時期だと思います。

    Home Home | Top Top