• プロフィール

      海彦山彦

      Author:海彦山彦
      海彦山彦のブログ、
      「福岡発、海のこと・山のこと」に
      ようこそ。
      福岡県宗像市在住の
      海と山と映画が大好きな
      アートディレクターです。

    • 最新トラックバック

    • メールフォーム

      名前:
      メール:
      件名:
      本文:

    • 検索フォーム

    • QRコード

      QR

    まとめ
    2017/05/18(Thu)

    はじめて知った歴史の山

    17518.jpg

    地元宗像市に住んで40年弱。
    今朝、あるサイトで知った宗像市の氏族、宗像氏貞の墓所がある山の存在を知り
    いても立ってもいられず仕事の合間に登って来ました。

    五月晴れの空の下、湯川山を背後に見る乙尾山(通称/お塔の森)とその手前の
    宗像氏貞の子孫、貞保の墓木と言われるサルスベリから何かを感じようとしましたが
    あまりにあっけらかんとした快晴にそれも叶わず登山口へ。

    さすがに鬱蒼とした木々に囲まれた山中は、荘厳な気配が漂っていました。

    地元郷土史に深く関係する宗像氏貞の墓所がある山を知り、
    同時に宗像氏のその後の衰退の歴史も判り、心に残る小山となりました。
    スポンサーサイト
    Home | Category : 山のこと |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

    トラックバック ▼


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    コメント ▼


        
    • 宗像氏貞墓所

      海彦山彦さん こんにちは。
      宗像住民の海彦山彦さんにとっては、押さえておかなければならない山ですね。私も乙尾山の存在は知りませんでした。
      湯川山登山口にある承福寺が宗像氏貞の墓所だったと記憶していましたが、誤った記憶だったようです。貴重な情報、ありがとうございました。宗像四塚縦走を経て、城山からこの地まで逃げてきたのでしょうか。興味が湧きますね。

    • 宗像氏貞

      yummyさん、こんにちは
      今日はもう夏ですね。
      文献によると宗像氏貞は病死したようです。
      しかも、3年間はその死を隠すようにとの遺言を残したとか。
      その後、秀吉により宗像家は取り潰しに合い滅んだとか。
      そんな宗像家の終焉の山のようです。
      機会があれば是非立ち寄ってみてください。

    Home Home | Top Top