• プロフィール

      海彦山彦

      Author:海彦山彦
      海彦山彦のブログ、
      「福岡発、海のこと・山のこと」に
      ようこそ。
      福岡県宗像市在住の
      海と山と映画が大好きな
      アートディレクターです。

    • 最新トラックバック

    • メールフォーム

      名前:
      メール:
      件名:
      本文:

    • 検索フォーム

    • QRコード

      QR

    まとめ
    2017/07/31(Mon)

    今週も小石原へ

    17731.jpg

    先週に続き今週も小石原の災害ボランティアに参加してきました。

    先週と同じ班の方も数名いる13人の班で
    窯元のお宅の敷地内を流れる川の崩壊した石垣に対しての土嚢積みと
    二次災害防止のために背後の山の斜面の竹などの伐採&除去が主な仕事でした。

    35度近い炎天下で黙々と作業。

    私はNPO団体所属の方と二人で背後の山の斜面の竹などの伐採&除去に従事。

    これがかなりの急斜面で、伐採した太い竹を斜面上で分断し、下へ落とすことの繰り返しですが
    伐採する竹をロープで固定して斜面下の窯元の施設に落とさないように注意しながらの作業は
    なかなかの重労働。もう滝のような汗を流して二人でがんばりました。
    が、この作業が私のような一般ボランティアに与えられた作業の範囲を超えていると
    ボランティアセンターからの警告で午前中で中止となりました。
    相方を勤めたNPO団体所属の方には可能な作業でも、
    私のような一般ボランティア(つまり地元社会福祉協議会が募集をかけたボランティア)にはNGなことが
    多々あるようでこうした問題が現場では発生し、地元社会福祉協議会と現場をつなぐ
    コーディネータが(この人もNPO団体所属)こうした問題を処理していくシステムになっており
    ボランティアをするのも、なかなか制約があることを知り、学ぶことの多い1日でした。

    私たちが作業の手を止めて休憩中に先週から通行可能になったの国道を
    旧車会の集団が爆音を轟かせて走って行きます。

    これを見ながらひとりのボランティアメンバーが放った
    「困っている人に気づく人間と気づかない人間がいる」という
    言葉が心に残りました。

    小石原地区は、朝倉、日田地区同様
    まだまだボランティアの手を必要としています。
    スポンサーサイト
    Home | Category : 災害ボランティア |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0

    トラックバック ▼


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    コメント ▼


        
    • ボランティア

      海彦山彦さん こんにちは。
      35℃を越える炎天下でのボランティア作業。お疲れ様でした。
      この週末も本当に暑かったですね。記事を読み始めた段階で、作業内容にちょっと?を感じましたが、やはり中止になったようですね。山慣れされた、それも藪漕ぎを得意とする海彦山彦さんにとっては問題ない作業だったと思いますが、やはり一般のボランティアには作業内容に制限を付けるべきですね。
      でも、もったいないと思います。海彦山彦さんはまさに山作業のプロボラなのに。あれば、ライセンスをあげたいくらいです。
      「困っている人に気づく人間と気づかない人間がいる」。
      本当に気付かなくなったら、世も末ですね。

    • ありがとうございます

      yummyさん、コメントありがとうございます。
      私も作業をはじめてから内容に違和感を感じていましたが、
      作業中止勧告を言いに来たボランティアセンターの人の話を聞いて、
      はじめて一緒に作業している人が一般ボランティアではなく
      NPOの関係者と判り腑に落ちました。
      正直、いつもならそんな大した斜面ではないのですが
      太い伐採した竹を引きあげたり、降ろしたりはいつもの行動とはまた別次元で今日は筋肉痛と疲労感が残っています。
      でも、今回はボランティアの運営問題の難しさや難点も見えたのでいい経験になりました。
      困っている人に気づかない人間にならないように心がけましょう。

    • ボランティア

      ボランティアはお疲れでした。あの日は暑かったですね。私も近くのボランティアでもしたらいいのですが、とてもお手伝いをするだけのスキルは無く邪魔になるだけだと思ってせん。出来る事は義援金を送ることぐらいかもしれません。先日のタイヤのパンクの交換でさえとても疲れました。

    • できることから

      CJNさん、おはようございます。
      あの日は本当に暑い1日でした。
      パンクは大変でしたね。
      援助はできる人ができることをすればいいと思います。力仕事だけでなく、現地のものを買うとか、義援金を送るとか、ひとそれぞれの支援の仕方があると思います。
      無理をしてまでの援助は続きません。細く長く続けることだと思います。

    Home Home | Top Top