• プロフィール

      海彦山彦

      Author:海彦山彦
      海彦山彦のブログ、
      「福岡発、海のこと・山のこと」に
      ようこそ。
      福岡県宗像市在住の
      海と山と映画が大好きな
      アートディレクターです。

    • 最新トラックバック

    • メールフォーム

      名前:
      メール:
      件名:
      本文:

    • 検索フォーム

    • QRコード

      QR

    まとめ
    2017/09/03(Sun)

    朝倉へ

    1793.jpg

    添田、小石原、宝珠山と災害ボランティアとしてお手伝いしてきましたが
    東峰村(小石原&宝珠山)のボランティアセンターが終了となり
    今日からははじめて朝倉市へお手伝いに行きました。
    ボランティア数は添田や東峰村に比べ桁違いに多いが、
    まだまだ人手が足りないと聞いていたのですが、
    意外にボランティアセンターは予想を裏切る落ち着きでした。

    ただ、本日お手伝いに伺った鳥屋山の麓のお宅も
    まだまだ手がいる現状に人手不足も納得しました。

    もうすぐあの水害から2ヶ月。

    まだまだお手伝いは必要のようです。
    スポンサーサイト
    Home | Category : 災害ボランティア |  コメントアイコン Comment6  |  Trackback0

    トラックバック ▼


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    コメント ▼


        
    • 2ヶ月が経ち

      海彦山彦さん お疲れ様でした。
      あの豪雨から2ヶ月。その間、添田・小石原・宝珠山そして朝倉と、本当に頭が下がる思いです。
      筑後川はいまだ濁ったままで不明者の捜索も続いていましたね。この2ヶ月間、台風はおろか、雨もほとんど降ることも無く、反って不気味さを感じます。このまま、穏やかな秋が続くことを願うばかりです。ボランティア活動も慣れは危険です。怪我をしないように気を付けて下さい。

    • ありがとうございます

      yummyさん、コメントありがとうございます。
      あの水害から二ヶ月ですが、未だ泥に埋まった家屋や
      ボランティア待ちの方々が大勢いるのが実情です。
      ボラセンが終了した東峰村でも同じ状況です。
      初心を忘れずにしばらくお手伝いは続けていこうと思います。

    • ボランティア

      佐田に来られていたようですね。あの辺りまでは状況を見に行ったことがありましたが、お疲れ様でした。私はまた、佐伯市に行きました。臼坪山211m・長島山79.7m・濃霞山61m・濃霞山東峰50m・女島山61m・五所明神社のスダジイとナギ、ニューピークは5座としておきます。低山に行きましたが、濃霞山には市野道もあります。でも、歩きました。2462/2482となりました。

    • 沢山登られましたね

      CJNさん、こんにちわ
      昨日は作業中で電話に出れずに失礼しました。
      佐田地区もまだまだお手伝いが必要な方がいるようです。
      佐伯は私の母方の墓がある地で、子供の頃からよく行った場所です。
      佐伯港沖の大入島で開催されるトライアスロンにも参加したことがありますが、
      山はまだまだ未踏の山ばかりです。

    • ボランティア活動

      こんにちは。
       数日に渡るボランティア活動、本当にご苦労様です。
      このように身近な所で激甚災害に指定されるほどの災害が起こるとは想像できませんでした。
      私達も夫婦でボランティアを考えましたが、暑さと年齢から返って迷惑を掛けるんじゃなかろうかと思い遠慮しました。

       お孫さんの誕生から貴ブログ見ていますが。もうおじいちゃんに飛行機を見たいとねだる年齢になったんですね。
      目尻の下がった何とも言えないおじいちゃんの顔が目に浮かびます。
       久留米黒棒本舗、久し振りに聞きました。私の妻も好きで、細い道(だったと思いますが)を車で通る時は必ず寄っていたところです。

    • お久しぶりです

      酔漢さん、いつもブログは拝見させて頂いています。
      この夏はくじゅうに行った数日後にあの水害が発生して
      いつも通る道もよく登った山の周辺もズタズタとなり
      しばらくは微力ながらお手伝いしようと
      はじめてボランティアに参加するようになりました。
      毎回学ぶことが多く、この歳になって世の中のことから
      土嚢の積み方なども学び、
      下は5歳から上は70代の方までのボランティア仲間もできました。
      あさっては東峰村からのリクエストに応えて汗を流してきます。
      もうすぐ5歳になる孫も普通に大人と会話できるようになり
      かわいいったらありゃしない状態です。(笑)

    Home Home | Top Top