• プロフィール

      海彦山彦

      Author:海彦山彦
      海彦山彦のブログ、
      「福岡発、海のこと・山のこと」に
      ようこそ。
      福岡県宗像市在住の
      海と山と映画が大好きな
      アートディレクターです。

    • 最新トラックバック

    • メールフォーム

      名前:
      メール:
      件名:
      本文:

    • 検索フォーム

    • QRコード

      QR

    まとめ
    2017/09/20(Wed)

    東峰村が中止になり、杷木へ

    17920.jpg

    今日は平日ですが、以前から告知のあった東峰村の稲刈りプロジェクトのお手伝いに行きました。
    今回の水害で被害を受けたのは民家だけではなく田畑も同様です。
    しかし社会福祉協議会が一般に募集するいわゆる災害ボランティアの活動には
    こうした農耕地や営利目的のお店などは含まれません。
    そこで有志のみなさんがたわわに実った稲の刈り入れを機械が入れなくなった場所や
    流木が多く入り込み機械が使用できない田を限定して、
    手で稲を苅り収穫のお手伝いをするボランティアです。

    集合時間の30分前に東峰村に着きましたが空から生憎の小雨が降り出し、
    開始時間には本降りに。。
    協議の結果は、中止。
    集まったボランティアの中には新聞でこのことを知り、
    奥さんから背中を押されてはるばる長崎から今朝やってきた70代後半の方もいて、
    私も福岡県民のひとりとして申し訳なくなりました。

    で、次に私がとった行動は、朝倉のボラセンに電話してまだ受付に間に合うか確認。
    同じく稲刈りプロジェクトに参加予定だった中から4人がそれぞれの車でいざ朝倉へ。
    募集締め切り時間30分前に現着。
    早々に手続きを済ませ、今日は杷木地区へのバスに乗り杷木地区のボラセンへ。

    ここでのマッチングで13名で松末地区の個人宅への作業する班に入り出発。

    しかし、遅れてくる人を待つバスはが出たのは15分後。
    さらに松末地区でコーディネーターの到着を待つこと10分。
    現場で作業を始めたのはなんと11時30分という有様。

    仕方なく班のみんなで協議して、まずは1時間は休みを挟んで作業して、
    昼食は1時間を30分にして、残り迎えのバスが来るまでやるということで作業スタート。
    みんな来た以上は活動に飢えているのです!

    氾濫した川に一階の軒下まで濁流に飲まれたお宅は上流川側はみるも無惨な姿になっており
    本日はこの上流側のひと部屋の床を剥がして床下に堆積した土砂を搬出することです。
    この作業を男女合わせて13人が(うち3人は初ボランティア)チームワークもよく
    目的の時間までにオーダーを達成しました。

    昼休みに見つけた崩落した橋の上の機械の固まり(右端の画像)は
    多分、軽トラの固まりだと思います。

    このエリアはまだまだ人手が必要だと改めて痛感しました。。
    スポンサーサイト
    Home | Category : 災害ボランティア |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

    トラックバック ▼


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    コメント ▼


        
    • 東峰村

      海彦山彦さん こんにちは。
      北九州はパラパラ程度の雨でしたが、東峰村は、かなり降ったようで稲刈りの中止は残念でした。
      それから朝倉へ移動してのボランティア。本当にお疲れ様でした。
      詳細な運営は判りませんが、ちょっと時間の割り振りが上手く行ってないようですね。もっとボランティアの皆さんが有意義に活動できるような運営が必要ではないかと感じました。それにしても、原形を留めていない自動車を観ると、惨劇の凄さが判りますね。

    • 朝倉

      yummyさん、コメントありがとうございます。
      朝倉&杷木の活動時間の短さとハンドリングのまずさは、ボランティアの間でも知れ渡っています。
      ひとつはやってくるボランティアの多さと現場のコーディネーターとの間をつなぐ社協のハンドリングにあるのだと思います。
      でも、それぞれが慣れないなりにも精一杯やっているのはボランティアもわかっているので(これでも以前の13時30分までの活動が15時まで延びたのです。)このエリアに慣れたボランティアはみんな休む時間も惜しんで活動するのです。所帯が大きいだけに問題もいろいろ出てくるようです。
      本来なら稲穂が色ずいているであろう川の両岸が、砂漠のようになっている光景には何度見ても、心が痛みます。

    Home Home | Top Top