• プロフィール

      海彦山彦

      Author:海彦山彦
      海彦山彦のブログ、
      「福岡発、海のこと・山のこと」に
      ようこそ。
      福岡県宗像市在住の
      海と山と映画が大好きな
      アートディレクターです。

    • 最新トラックバック

    • メールフォーム

      名前:
      メール:
      件名:
      本文:

    • 検索フォーム

    • QRコード

      QR

    まとめ
    2014/02/08(Sat)

    雪の宗像

    1428.jpg

    夜中、起きると一面の銀世界。
    昨夜の雨が雪に変わったようです。
    道理で静かな夜でした。
    どうして雪が降る時は、とても静かなのでしょう。
    まさに「しんしんと降る」という言葉がふさわしい。

    この雪で、宗像周辺の峠道も高速も通行止めです。

    今日は北九州で元教え子の結婚式。
    遅れないように早めの出発としましょう。
    スポンサーサイト
    Home | Category : その他もろもろ |  コメントアイコン Comment6  |  Trackback0

    トラックバック ▼


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    コメント ▼


        
    • 雪の音

      朝、目覚めると一面銀世界。私もびっくりしました。
      雨と違って音もなく降り積もるので、都会に静寂を運んで来るようです。近頃は全くボタ雪は降らなくなりましたが、子供のころは北九州でも毎年降っていました。耳を澄ますと、ボトッ。ボトッ。と音を立てて落ちていたのを覚えています。時代の変遷とともにいろんな音が聞けなくなっているのかもしれません。寂しい気がします。
      昨日、目の毛細血管が切れたようで、片方の白目が真っ赤に染まって不気味な感じです。せっかく北九州マラソン見物を楽しみにしていたのですが、自宅でおとなしくしています。(今回で二度目なので私は全く気にしてないのですが、見る側が気になるようです)

    • お大事に

      yummyさん

      目はお大事にしてください。
      本当に時代ともに消えて行く音が多いですね。
      NHKラジオの「音の風景」などはまさに
      そのあたりに焦点を当てた番組で
      それぞれの世代の思い出の音を紹介しています。
      昨日は、小倉まで国道3号線は大渋滞で結局、折尾から若松経由で小倉に向かいました。今日も北九州マラソンで交通規制があるようですね。
      私は今日も仕事しています。

    • 雪ですね

      こんにちは
      8日もそちらは雪が降ったようですね。こちらは雪はありませんでした。9日の山は実は山頂まで林道がある経小屋山です。途中から遊歩道を歩きました。降りてくると新しい轍があったので私も車で山頂広場に走ってみました。久しぶりに新雪の林道も走れてまあまあでしたが、少し遠すぎるという所です。宮島がすく゛海側に見えていました。三倉岳には雪の心配が無くなってから行くことにします。車で650㎞くらい走ったのでこれが疲れました。

    • 遠征お疲れさまです

      CJNさん、おはようございます。
      650kmの往復、お疲れさまでした。
      私の家から鹿児島往復以上の距離ですよ。
      しかし三倉山は残念でしたね。
      やはり中国地方の山は、雪深いようですね。

    • 最近の空の汚れ

      海彦山彦さん こんばんは。
      佐世保地方も2.3日前は冷え込み、568mの烏帽子岳も頂上一帯は雪化粧していました。
      ご当地のように市街地に降ることはなかったです。
      私も寒いのはどうも苦手ですが、しかし寒さは特別でない限り、藪こぎや急登を実行すには好都合とも思っているところです。
      仰るように最近の空の汚れはひど過ぎますね。
      日本の最先端技術をもって、あの国に協力すべきと思いますね。
      長崎地方は国の基準を大幅に超え時がありまして、健康が心配であります。

    • 西から流れて来るのでやっかいですね。

      yanさん、こんばんは

      佐世保は九州の西に位置するだけに偏西風に乗ってやって来る大気汚染の最初の洗礼を受けるのでしょうね。
      私もこの時期は薮こぎの山には好都合の時期なのですがやはり寒いのはだめです。
      ただ暑くなると蛇、ハチ他の問題もあり春先が一番か初冬が一番好きです。
      三俣山も寒かったことと思います。
      私がはじめて登った時も大雪で、本峰で退却した思い出があります。

    Home Home | Top Top