• プロフィール

      海彦山彦

      Author:海彦山彦
      海彦山彦のブログ、
      「福岡発、海のこと・山のこと」に
      ようこそ。
      福岡県宗像市在住の
      海と山と映画が大好きな
      アートディレクターです。

    • 最新トラックバック

    • メールフォーム

      名前:
      メール:
      件名:
      本文:

    • 検索フォーム

    • QRコード

      QR

    まとめ
    2014/06/22(Sun)

    これでも真剣です

    14622.jpg

    私が永年に渡って講師を務めるデザイン専門学校での授業中のひとコマ。

    うんこのイラストの処理がどれがいいか、真剣に論議している学生たち。
    はたから見れば???な光景ですが、
    グループで作品を制作して行く上でこれも大事な過程のひとつです。

    今、彼女達を含め8つのグループが新聞広告の全国コンペに挑戦中。
    これもその作品に使われる重要なビジュアルのひとつなのです。

    うんこのイラストを前にした彼女達の後ろ姿を見て、微笑ましくもあり
    その若い感性と、作品に取り組む情熱が頼もしくも見えた土曜の午後でした。
    スポンサーサイト
    Home | Category : デザインのこと |  コメントアイコン Comment8  |  Trackback0

    トラックバック ▼


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    コメント ▼


        
    • うん〇のイラスト

      海彦山彦さん こんばんは。
      学生さんたちの真剣に取り組む姿勢が伝わる一コマです。子供の頃よく読んだ、とりいかずよしのトイレット博士を思い出しました。あれがうんこ絵の始まりでしょうか?
      いまでは幼児本でもうんこのイラストは当たり前のように描かれていますが、このような過程を経てのことなのでしょう。学生さんは本当に大変ですね。

    • おはようございます

      yummyさん、コメントありがとうございます。
      トイレット博士、懐かしいですね。うんこの絵も、今では市民権を得ていますが、それを今回、難しい課題の新聞広告コンペに使おうとする学生達の姿勢に好感を持ちました。柔軟な思考が求められる業界だけに、こうした発想は重要だと思います。

    • 浄天山

      こんにちは
      〇〇〇のイラストは面白いですね。グループというのはどの世界にもあるものですね。浄天山は登って下るだけで1時間半くらいの山でした。展望台もあるようですが、行きませんでした。山頂からの展墓がいいのです。三角点は基準点成果等閲覧サービスを見るとあるようです。322.2と書かれています。ウォッ地図の1/4500で見るとないのですが、1/9000では表れます。322.1標高も違って表示されています。山頂には三等三角点「浄天」があったのかもしれません。ないと思っていたので良く探しませんでした。(;_;)
      車で往復5時間もかかりませんでしたが、一座とは効率の悪いピークハントでした。まあ年でもあるし、ゆっくりニューピークでもいいでしょう。

    • 貴重な1座でしたね

      CJNさん、往復5時間かけての貴重な1座、お疲れさまでした。このあたりはまだまだ私にとってノボロ残した山が沢山あるエリアです。昨日は、早く雨も上がりよかったですね。宗像は昼過ぎまで小雨模様の気温の低い1日でした。

    • 治郎丸山

      こんにちは
      中国道脇の治郎丸山には登路があるようです。近くに行ったときに登って見たいと思います。Webサイト検索ではなかなか出てきませんでしたが、法師崎さんにWebサイトを教えてもらいました。

    • 貴重な情報源ですね

      CJNさん、法師崎さんのサイトは山口の山の貴重な情報源ですね。ありがたいものです。治郎丸山、登路があるのはありがたいですね。

    • 江嶺山

      江嶺山は北側から見ると形よく見えるポイントがある様です。行きませんでした。軟弱地盤からの脱出に時間を費やしすぎました。最後はあせりましたが、これでもか・・と思ったときにようやく脱出でした。今後は更に注意します。教訓です。
      次郎丸山は立派なアンテナ管理道路がありますが、一応立入禁止書かれています。勿論こちらを登らせていただきました。すぐ横の切り分けには立入禁止とは書かれていませんでした。三角点は木立の中にありました。入口はわかりにくいのですが、大朝公会堂のすぐ裏に取付があります。

    • 無事に脱出出来て良かったですね。

      CJNさん
      脱出までの3時間、お疲れさまでした。
      単独の時は、こうしたアクシデントの時が大変ですね。私も過去に同じような経験をしています。お互いこれからも気をつけたいものですね。

    Home Home | Top Top