• プロフィール

      海彦山彦

      Author:海彦山彦
      海彦山彦のブログ、
      「福岡発、海のこと・山のこと」に
      ようこそ。
      福岡県宗像市在住の
      海と山と映画が大好きな
      アートディレクターです。

    • 最新トラックバック

    • メールフォーム

      名前:
      メール:
      件名:
      本文:

    • 検索フォーム

    • QRコード

      QR

    まとめ
    2013/10/17(Thu)

    また、ひとつ歴史の山が消えて行きます。…その後のこと

    先日のブログで取り上げた福津市の上西郷城址の件について
    問い合わせをしていたところ
    本日、福津市都市計画課より下記の回答がありました。

    『お尋ねをいただきました上西郷1290-1の天満宮移転については、
    UR都市機構が施行しております福間駅東土地区画整理事業に伴い、
    9月下旬より樹木の伐採を開始し、10月2日にお社・鳥居の撤去工事を行いました。
    現在、お社があった範囲は、市教育委員会による文化財調査が行われており、
    10月末までの発掘作業を予定しております。

    文化財調査が終了した後は、山の土を掘削する造成工事を予定しています。
    天満宮のお社の移設先は、福津市総合運動公園(なまずの郷)そばの
    大森神社(上西郷802)敷地内に建築済みの新しいお社になります。
    天満宮のご神体を大森神社内の新しいお社へ移す神事は9月18日午後
    に執り行われており、これにより神社の移転となります。
    今後、天満宮のあった場所は、区画整理事業に伴い、
    市建設課で公園整備を行うよう計画しております。』


    とのこと。
    やはり城址は原型を留める事なくほとんどが消失し公園になるようです。

    できれば遺構を残した形での城址公園にでもなればまだ良かったのですが、残念です。
    スポンサーサイト
    Home | Category : 山のこと |  コメントアイコン Comment6  |  Trackback0

    トラックバック ▼


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    コメント ▼


        
    • 本当に残念です。

      "まち"と"海"と"大地"と たくさんの魅力が寄り添う豊かなまちへ.....
      福間駅東土地区画整理事業のH.P.で見ました。
      大地はどこでもありますね!
      "緑"が見えてきませんね!
      作られた緑は魅力がありません。何百年とかけて成り立ったその土地ならではの緑のなかで子供たちは育まれないと悲しいです!

    • 先見性のない開発ですよね。

      yummyさん、コメントありがとうございます。

      まったく同感です。
      "まち"と"海"と"大地"というこの開発のスローガン通り、
      "緑"がない開発ですね。
      同時に土地の歴史も置き去りにするかのようです。

      でも、私が住む住宅地もきっと地元の方からは
      私たちが感じているのと同じように見られているのかも知れません。

      ただし、失ったものは元には戻りませんから
      少しでも良き遺産を大切にする気持ちだけは受け継いで行きたいと思います。

    • 近代化の矛盾

       全てが悪いとは言いませんが、市町村合併により、昔懐かしくいわれのある名前が消えていくのと同じで、開発や合理化の下に切り捨てられる歴史。また、メディアや本で使ってはいけない差別用語等も、時としては寂しく感じます。
       HPの紹介は如何にも尤もらしく丁寧な文章ですが移せばよいとか緑地や公園にすればよいというものではないでしょうに。

    • コメントありがとうございます

      酔漢さんの仰せの通りだと思います。
      今回のこの山だけではなく、地名や習慣も同様に消えて行くもの、
      忘れ去られるものが多いように思います。
      所詮、事なかれ主義のその場しのぎの開発や決定でものごとを押し進めている感がします。

    • 移転

      海彦山彦さん
      残念な結果となりましたね。いずこも同じようなことが行政で行われているようです。開発優先ですね。甘木でも川添遺跡を残すかどうかでもめていましたが、一応残っています。工業団地が狭くなったようですが・・。小郡市などもやはり遺跡を埋め戻して住宅地にしたりしているようです。行政にフタンがかかるというところでしょうね。

    • CJNさんが登る前に消滅し、残念です。

      CJNさん、コメントありがとうございます。

      どこも同じような事がおきてるようですね。
      地元の方々のご尽力で蘇る山もあれば
      こうして消えて行く山もあるのが実情ですね。

    Home Home | Top Top